株・投資

モンスタービバレッジの株価下落!決算も理由だが心配の必要なし

以前当サイトでも紹介しました、エナジードリンクで有名な「モンスタービバレッジ」が決算を発表。今回のアメリカでの決算は、全体的に市場予想を上回っていることが多く、多少の上げでは株価に影響が見られませんでした。

そんな中での決算、売上高予想は超えたのですが、EPSが市場予想を下回りました。オープン前の株価はマイナス5%を超えていて、他が良いだけに資産を移し替えようとする動きが見られました。

以前紹介した後に、僕自身もモンスターに投資しましたが少なくてもこの決算を理由に売却しようとは思いません。ハイパーグロース株でもなく、すでに市場から信頼を得ている会社の1つ。

なので結果、その日の終値はマイナス3%と少しになり、買いも十分行われていたという事になります。また、アフターでも買いがあったので、おそらくですが大暴落とはならないでしょう。この辺りが新規上場銘柄との違いですね。

ただし今1つ問題があるとすれば、アルミ缶の不足です。前回の決算でも説明がありましたが、供給量とアルミ缶の量のバランスが悪くなっていると、つまり不足ですね。現在深刻な問題という事ではないようで、心配は必要ないという事ですが。

となれば、今回EPS落としましたが、売上高を見てもまだまだ成長を見せている同社には期待しかないですね。日本ではあまり見られない利益率の高さや、ブランド力、ROEの高さなどなどこの辺りの強さにブレはないです。

これが続く限りは、ホールドしても問題ないかなと思います。100ドルというのも見えてますからね。極端なライバルが現れない限り、心配なことはあまりないでしょう。焦って売る必要もないと、判断しました。

米国株に詳しくない人、情報が欲しいという人には米国版の四季報があるのでオススメしておきます。僕も直ぐに買いましたが、ドアダッシュなど新しい銘柄も追加されてます。高ROEランキングなども書かれており、高配当など目的に合った銘柄をすぐに探せますよ♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です