株・投資

22/2/16米国株の振り返り!小売好調とFOMC議事要旨無事通過

2月16日のメリカ市場を振り返ります。3指数はあまり大きな動き無く、前日比ではプマスマイナスがほぼ0ですね。とはいえ、注目だった小売売上高の発表やFOMC議事要旨の発表があった中での結果なので、無難に通過という印象。

個別株を見ると、やはり大きな動きは少ないですね。決算発表した企業の場合は、少し違いますがアップルやマイクロソフトなど、巨大企業の動きは少なかったです。アルファベットやアマゾンは比較的良かったですけどね。

セクター別の動きを見ると、特別強い動きは少なかったですが、しいて言えば旅行関係は引き続き好調。$CCL や $BKNG が良い動きでしたね、航空はまちまち、ホテルは上々です。マリオット、今は反省していますが、強いのに売ってしまったのは無念w

ホテル関連で言えば、ツイートしたようにエアビーアンドビー $ABNB に投資しました。好決算から出来高ともなった上昇、前日から動きも良かったですが、期待に応える決算でした。また、来季に向けて強気だったのも好感ですね。

17日のマーケットについて最後少し考えます。インフレは引き続き問題なので、強気の取引は多くないのかなと思います。エヌビディアが決算クリアという事で、半導体がどう動くかは気になりますね、ガイダンスが強気だったという事。

エネルギーセクターは動き少ないですが、これまで注目としていたデボンエナジー $DVN が決算発表しまして、勢いよく上昇。シェブロンも良いですが、ここもいい数字持っているので、エネルギーの中では好きですね。

全体的には出来高少ないので、まだ本格的に投資されていないなという印象はあります。やはり3月の利上げを意識されているので仕方なし。4月の少し前くらいまではこんな感じでしょうか。リスクはありますからね、注意はしておきたい。

とはいえ投資が全くできないという環境ではないと思うので。常に出口は確保しておきつつ、入っていてく。ロスカットを入れておくなどして、対応しましょう♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。