株・投資

22/4/19確定申告後の米国市場!初日は逆襲の買いが優勢に

この記事では、4月19日のアメリカ相場の振り返りと、20日の相場に向けた考えを書いていきます。まず振り返りですが、この日は3指数とも力強く上昇しました。ここまで書いている通り、確定申告後という事で注目でしたが、やはり上でしたね。

下げたのはエネルギー関連で、この日は原油価格など含め、コモディティ価格が落ち着いていました。これまで上げていた銘柄は置いておき、下げてきたハイテクなどを中心に買いが集中。

ショートカバーの可能性は感じさせつつも、まずは相場に明るい結果となりました。ダウナスダックともに、そこまで大きな差もないですが、ナスダックは戻しという点が少しだけ強く、反映されていますね。

個人的に面白いと感じるのは旅行関係。非常にいい状態のチャートになっており、ホテルのマリオットなどを中心に、買いたくなる状況になっています。

ただ気になる事もアリ、例えばネットフリックスは決算ミスりましたね。決算発表前に、この買いの強い相場で買われましたが、やはり怖いですよね。取引終了後に発表された決算は、売上が予想に未達、ガイダンスも厳しい結果で時間外は-20%程と売りが強い。

ここに関しては、前回の決算以降であまりいい材料も聞きませんでしたから、期待で上げていたのかなと言う印象。今回も厳しい結果なので、近づきたくない銘柄となってしまいました。また、この決算は他の銘柄にも不安を与えそうで、20日の相場に影響あるかもです。

そんな20日のアメリカ相場についての考えですが。まずは確定申告後に買われたという事実はプラスに考えたいですね。想定していたとはいえ、まずまずの動きに安心したというところですが、このネットフリックスの決算は辛い。

成長鈍化には厳しい目を向けられる状況に変わりはなく、それは巨大企業でも例外ではないと思います。また、19日はコモディティ価格が落ち着いていましたが、これらの上昇が止まるという材料もないので、上がった時の動きにも一応は警戒。

今ウォッチリストに入れているのは、ホテルのマリオットとエネルギーのエクソンモービル、この2つがメインです。チャートの動きも良いですよね、マリオットはもう投資しても良さそうな段階に来ていると思います。

リア充銘柄が真の力を見せるタイミングかもしれません。クルーズも良かったですし、航空はデルタの決算から好材料出まくりですからね。ホテルはチャートが綺麗なので、さらに買いやすいかなと思っています。

とはいえ決算シーズン発表の近い銘柄にはあまり今強気になりすぎず、ポジションは少なめで様子見は大事でしょう。ネットフリックスのようなこともあるので、出来るリスク回避はしておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です