株・投資

22/4/18米確定申告締切日!5月までは上昇相場となるかに注目

4月18日のアメリカ相場振り返りと、19日に向けての考えを書いていきます。まずは振り返りですが、3指数は下落となりました。が、下げ幅はかなり小さく、全体で見れば大きな動きはなかったという終わり方ですね。

セクター別に見ると、これまで良かったヘルスケアや食料品関連などは売られていますね。18日がアメリカの確定申告締切日という事で、損切や利確などの動きはあったのかなと思います。

エネルギー関連は原油価格などが動いていたので、その通りの株価の動きとなっている印象ですね。特に原油が一時109ドルに行った際は、株価もそこをピークに動いていました。その後は落ち着いたのですが、やはり下げも限定的で方向は上ですね。

指数が悪くなかった理由の1つが、大手企業の強さだったと思います。GAFAMですがプラスマイナス0くらいと言えるでしょう。テスラやエヌビディアが上昇してますし、やはりこの辺りが元気だと、指数への影響力は強いです。

ツイッター株は変わらず取引盛んですが、個人的な考えとしては参加したくないというところで。完全なる話題株で、上にも下にも激しく、情報1つで大きく動く一喜一憂銘柄なので、危険かなと思ってます。参加する場合は、リスク管理で少額をオススメします。

金融系は一部を除くと強かったですね。金利が上がりますから、逆イールドにさえならなければ強いセクターです。ただし、この日上昇した銀行系は、まだ全体的に見て下向きなので、参加するのはもう少し様子見してからでもいいでしょう。

それでは、4月19日の相場について考えていきます。まずは確定申告後の資金の流れを見るという事が絶対重要かなと思いますね。すでにアフターマーケットの動きを見ると、ナスダックは買われています。

個人的には上を考えているので、まずはショートカバーの動きはあると思っています。ハイグロも買われるでしょうね、VIXはまだ20より上ですが買いたい欲が強いのは、ここまでのチャートを見ると感じられます。

ただし注意したいのは決算ですね。すでにスタートしているので、そこへ向けてのリスク管理は必須でしょう。決算ミスっている企業への評価は、ここまでを見るとかなり厳しいので、事前のポジション整理はしておきたいです。

また、5月の相場は難しいので、そこも一応は意識しつつですね。利上げは確定的なので、ここからの数日は上げて、利上げ実行でそれなりの反応を見せ下げる。予測としてはそんなところですね。

後は結局決算次第と言えそうで、しっかり成長出来ているかは厳しく見られるでしょう。エネルギーや素材、肥料などは下げの要素がそれほどないですし、決算も悪くないでしょうから大きな下落は考えにくいですが、どうなるか。

短い間ですが、流れが変わるイベントではあるので確定申告後の相場。しっかりチェックしてお金の流れを見ておきましょう。決算はいつも注目ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です