暮らし

2018記憶に残ったニュース!ハロウィン逮捕とペイペイ問題

いよいよ本当に今年も終わり。

番組もスペシャルなものが多くなり、一段と感じますね。

クリスマスからの、一気に正月感。

 

スーパーとかに行くと、より感じますよね。

あの忙しさは可哀そうであり、稼ぎ時。

応援しましょう。

 

さて、2018も終わりという事で、このサイトらしく個人的に気になったニュースをピックアップ。

タイトル見ればわかりますが、ハロウィンとペイペイは記憶に新しい。

脱走も選ぼうと思ったけど、長くなりそうだからね。

 

この2つで話していこうかと思います。

知らないという人はいないよね?

心配だけど。

ハロウィンで逮捕者出現さ

これに関しては、意外というよりも、いつかは出るだろうなと思っていたところ。

毎年激しさを増しているイベントで、盛り上がりというよりは過激。

道で暴れて車が来たら吹っ飛ばすってw

 

酔ったと言って逮捕で人生に汚点。

僕なら、恥ずかしさでどうにかなりそうですね。

素面に戻った時、どういう感情だったんでしょうか。

 

また、今年は脱獄事件などもそうでしたが防犯カメラ

これの存在が強く出ましたね。

 

とある芸能人がひき逃げした際も、防犯カメラにしっかり撮られていました。

脱獄犯が捕まるシーンも、防犯カメラ。

そして、多くのカメラを使って、ハロウィンで逮捕者を特定。

家まで見つけるとは、嫌な言い方をすれば監視国家と言えなくも。

 

とはいえ、真面目に生きていればいいだけと言えばその通り。

ハロウィンのようなイベントでは、今後のためにも逮捕者が出たのは大きいのでは。

どうせ捕まらんだろと、思われてはいけませんからね。

 

市長も激怒してましたし。

甘くしてれば、ああいった事が起こるとわかった。

そう考えれば、いい経験と言えそうです。

paypay問題に思う恐怖

海外では進むキャッシュレス化

日本ではどうにも、馴染まないというか、信頼が薄い。

それを加速させるような出来事とも言えそうなこの問題。

 

僕が一番関心を持ったのが、登録している人以外のクレジットがバレたこと。

このような問題は、情報の漏洩は登録者だと普通思いがち。

しかし、実際に利用していない人のデータが漏れるという事態に。

 

僕なんて怖くて、すぐに確認してしまった。

まぁ、これくらい危機感があった方がいいでしょうがね。

大した時間とられないし。

 

キャッシュレス化の先には、データ管理がさらに重要な課題になります。

このような問題が起きれば、当然怖くて賛成できない。

現金の方が信頼できるという意見が、いまだ日本には多い。

 

こういった事も、彼らを後押しすることでしょう。

事例の多い出来事ではないというかもしれませんが、被害が出た事実。

これは無視できないですよね。

 

クレジットカードの不正利用。

キャッシュレス化を目指すならば、この課題からは逃れられない。

そういう意味でも、この問題は記憶に残りましたね。

過去を見て未来へ

先に進むには、過去の情報が必須。

年々過激になるハロウィン問題。

ドライブレコーダーの必要性や、防犯カメラの設置。

そしてキャッシュレス化への課題。

 

今年起こった事件を、忘れずにいれば同じ事件は減るはず。

特にハロウィンに関しては、暴動のない地域もあり、かなり限定的であるともいえる。

いかに対策をするかで、結果は変わると教えてくれていますよね。

 

このように、いろいろな事例から未来を作っていく。

今年よりもいい日本であるよう、僕たちも出来ることはやっていきましょう。

そして、今年できることもまだあるはず。

 

平成最後。

やり残したことを最後にやっておきましょう!