スポーツ

サッカーアジアカップ日本代表出陣!中島ケガも乾選手参加で層厚い

個人的には待ちに待ったサッカーアジアカップ

ワールドカップに比べると、規模が落ちると思ってませんか?

まぁ実際にレベルは違うんですけどねw

 

それでも、日本が当たり前に活躍できると言い切れません。

考え方によっては、ワールドカップで活躍するのと同レベルの難しさも。

そのあたりについて、書いていこうかと。

アジアカップの難しさとは

まず、選手が言うのはレフェリー

これは別に、批判とかではないですよ。

ただ、中東の笛という言葉が使われるように、独特というか難しい判断が多い。

 

以前、ワールドカップ行きを決める戦いの際、ゴールに見えたものが判定でなしになりました。

あれもアジアというか、中東の笛ですね。

あとは、少しでも体に当たれば倒れてファール。

それもカードが出たりね。

 

厳格なルールよりも、勢いとかで判断してるのかな?

そう思う感じの判断が結構あります。

今年の開催地を考えても、不安はありますね。

アジアという枠の分析

ワールドカップとの違いは相手。

ヨーロッパなどは、やはり日本に対して甘く見ている例も多々ありました。

しかしアジア戦になると違います。

 

日本はトップ4には必ず入るレベルのチーム。

分析、対策をしっかりとしてくる。

この中で戦わなければなりません。

 

それに、短い期間で複数の試合を戦い抜く

これも難しいところで、選手層の厚さがポイントにもなります。

先程のレフェリーの例もあり、いつだれが使えなくなるかもわからない。

 

強いと判断した相手には、がっつりマークも入ります。

厳しいマーク。

これもアジア内での難しさでしょう。

中島選手のケガと乾選手加入

僕は以前、日本ではチーム層の厚さについて不安がありました

中村俊輔、中田英寿選手など。

ほかでは小野伸二選手も、相当なレベルでしたね。

 

ほかにも素晴らしい選手はいましたが、当時かわりになる選手がいなかった。

彼らがいなくなっては厳しくなる。

一方のヨーロッパなどは、交代してもトップクラブの選手が出たりと、強さを見せる。

 

あれが最も、世界との差を感じた出来事です。

要は、余裕があるかないか。

これだと思ってます。

 

では今の日本はどうでしょうか。

若返りに成功しつつあり、以前のワールドカップメンバーも現役。

中島選手は残念でしたが、それでも乾選手がいる。

 

このメンバーの層の厚さは、今まで以上に感じますよね。

これが今回のアジアカップの武器の一つになるでしょう。

地の利を!アルアインから

さらに、塩谷選手も追加招集

クラブワールドカップでの活躍、開催地を知る人として期待されます。

特にクラブワールドカップでの活躍は素晴らしかった。

 

あの時から、ツイッターなどでも代表で見たいという声が多く見えた。

追加招集という形ですが、非常に楽しみ。

アルアインは、短期間での複数試合も経験。

 

全試合で活躍していましたし、タフさも十分。

これもアジアカップに重要な点ですね。

素晴らしい活躍を期待したい!

アジアカップは難しい!通過点ではない

人によって意見は分かれそうですが、アジアカップ優勝は一つの目標。

単なる通過点ではありません

その例として、優勝候補のオーストラリアは初戦負け。

 

日本代表だって他人ごとではありません。

というか、最も心配なのが初戦ですね。

日本代表は、初戦で結構上手くいかない例がある。

以前書いたかもしれませんね。

 

ここまでの成績は立派ですが、いったん置いて考えた方がいい。

大会と練習はやはり違います。

今の日本代表が、大会でどこまでやれるのか。

そして、レベルアップできるのか。

 

そこが注目です。

勝って当然ではない大会。

熱きアジアカップを楽しみましょう!