暮らし

新元号の発表で大騒ぎ!忘れちゃいけない平成の最後

何やらネットや町が騒がしい・・・それもそのはず今日は新元号の発表日でした。すっかり忘れていた僕はですね、朝のニュースで思い出します。

 

このようなサイトを運営しているのですが、思いのほか興味を持てないというか、そこまで騒ぐことなのかって思ってしまって。お祭り騒ぎなのが意外だったんですよね。

 

そんな中、発表後のニュースでは号外をもらおうと集まる人たちや、お店が賑わっているのが映りました。外のテレビに人が集まり、皆で盛り上がるって、昔のオリンピックなんかを思い出す光景だなと感じましたね。

 

なんとなくですが、こういうのもイイなって素直に思えました。ただし、忘れてはいけないのが平成の終わり。

 

なんだか盛り上がり方的に平成が終わったみたいな感じもしましたね。一応書かせてもらいますと、新しい元号である「令和」は、今年の5月1日から執行されるんですね。なのでまだ平成は終わりません。

 

それどころか、いよいよ終わりが見えるというところに来ており、締めの時期に来ているという事です。例えば何かをやり残しているなら、大掃除よろしくやってみるといいでしょう。

 

どうせ盛り上がるなら、こういった使い方の方が自分のためにもなりますからね。

 

最後に、僕が気になったのは今からこんなに騒いで良いものかというねw

実際に執行される5月にも、このような盛り上がり方をするのか、それとも比較的静かに変わっていくのか。発表時に盛り上がりすぎた分、実際に執行される日にどのようになるのか、今から楽しみでもあります。