暮らし

YOUTUBERもビジネスを意識すべき?無茶な企画がどう影響するのか

はい、今回テーマにするのはビジネスの失敗について。

どういった事がビジネスの終了を招くのか。

最近、ちょうどいい例もあったので、名前は出しませんが使わせてもらいます。

思いついた人がいても、書かないでねw

YOUTUBERが炎上でピンチに

ちなみに、彼らはビジネスが終了したわけではありません。

とはいえ、大きく名前が知られてしまったというのは事実。

当然悪い意味でです。

 

何をしたのかと言えば、簡単に説明すると一般人を残念ないじり方で動画にし、笑いものにしようとした感じ。

そのあんまりな内容に、視聴者からもツッコミが入り、あっというまに拡散され大炎上という流れです。

流石に僕もひどいと思いましたね。

 

そんなわけで、彼らに一体何が足りなかったのか。

それはビジネスであるという考え方だと思ってます。

YOUTUBERもビジネスだと考えよう

とりあえず今回は、これを職業とするかは置いておきましょう。

これは必ず議題になる。

ですが、お金を稼げていて、数十万人以上に見られているならビジネスというものは出来てしまいます。

 

よって、これは仕事でありビジネスであると言えるのではないでしょうか。

人が集まるところに、仕事ありとは昔から言われています。

 

ではYOUTUBERをビジネスとしてみた時、彼らの行動はどうだったのか。

仮にあなたがスポンサーとして存在するとして。

彼らの力を借りようかと考えた際、あのような動画を見てどう思うでしょうか。

 

恐らく9割の人は、考えを同じくすると思うでしょう。

答えはノーですね。

炎上したことに対する前に、彼らの人間性を考えてしまうでしょう。

そして、自分の商品に対してさえ、文句を言われる、マイナスなイメージがつくと考えるはずです。

 

つまりですよ、あの動画一本でさえビジネスとしては大きなミスなんです。

ちなみに、事務所の対応は個人的にもっと酷かったと考えていますがね。

ビジネスとして成功したのはHIKAKINさんである

さて、一方で成功していると言える人もいます。

ご存知のHIKAKINさんでございます。

子供をメインターゲットにして活動されていますが、いまやガキの使いでも出てくるほど。

 

さらにはCMはもちろん、逃走中という番組にも出ていますね。

では彼がなぜ、これほどまでの出演できるようになったのか。

 

当然、彼自身の人気がある事には違いありません。

あの業界の先駆者であり、特に子供人気もあります。

ですがそれだけが理由ではないでしょう。

 

注目すべきは、動画の内容にありました。

ネットなどでの評判を見ると、子供の親からもいい評価だとわかりました。

特に多かったのが、安心して見せられるというポイント。

 

簡潔に書くと、迷惑をかける動画がないという事でした。

これがおそらく、最大のポイントでしょうね。

ビジネスとしても大事なところです。

 

結局、ビジネスというのは人に対するものなんですよね。

そして、成功者の多くは誰かのために仕事をするもんなんです。

決して自分のためだけでなく、誰かの役に立てればと、考えているわけですよ。

問題を起こす理由は?

これも議題によく出ますが、なぜあのような行動をしてしまうのか。

主に出てくる理由として、視聴回数稼ぎですね。

これは当然あるでしょう。

 

あの業界は今や、参加者が無数にいる状態であります。

そんな中で、自分を見てもらう、満足してもらうには人と違う事をしなければならない

これに関してはビジネスも同じでしょう。

 

しかし、それをいい方向へ向けられず、残念な行動をする人もいるという事です。

そのいい例が、最初のアレでしょう。

彼らは視聴回数自体には困っていないようでしたが、大事なことをわかっていなかった。

 

相手が人間であるという事です。

あの動画を撮影し、アップしたことによってどうなるのかを考えていなかったのでしょう。

いつもと同じ作業をし、仕事完了としか思っていなかったのでは。

 

あの動画の内容では、精神的なダメージを訴えられる可能性もあるわけです。

それすらも考えていなかったのでしょう。

 

長くビジネスをしたいならば、決して迷惑をかけてはいけない

そして、より多くの人のためになるものが最後まで残るんです。

仕事は誰かのために

YOUTUBERは仕事か否か。

それは今後の彼らの行動で分かってくるでしょう。

少なくてもHIKAKINさんは、ビジネスとして成功させています。

 

彼のように成功したいと思うのなら、その考えをマネするべきですね。

YOUTUBEで動画を出せば、お金になるとだけ考える人には、残念ながら大成功はしません。

成功者の考えやその手法を見ることこそ、一番大事なことであると思います。

表面的な部分だけを見て、核心を見落としてしまう。

こういう人は、恐らく何をしても上手くいきません。

 

あなたも、自分の事を見てくれている人を想像し、仕事してみましょう。

きっと今よりも、やりがいを感じ、成功確率を上げられるでしょうね。