株・投資

株価の下落続く!投資チャンスではなく今は静観するが吉と予測

先日アメリカ株の下落について記事を書いていますが、日本株も下落が続いています。日本のマーケットは海外、特にアメリカの影響を受けやすいとこれまでからも理解できますが、実は最近は少し違っていました。

その理由の1つにコロナウイルスの影響度の違いがあったと思います。ですがここにきて、日本株もアメリカ株の影響を再び受けるようになっています。第3派の脅威が、市場にとてつもなく影響しているといっていいでしょう。

この下落の中で、チャンスと思い投資するのは正解か否か。結論は、今は静観するが正解という事です。なぜか。

落ちている株を買う事のリスクは実は高い

株は安い時に買って、高くなったら売れば儲かる」というこのイメージ。間違ってはいないですが、ここで考えるべきはその株価が再び上がるかどうかは、実はわからないという事。すべての株が絶対に戻るなら、当然投資すべきですがね。

そうではないからこそ、こういった局面で破産する方も出てくるわけです。アメリカのマーケッターの間では、落ちているナイフに手を出すなという言葉が使われるそうです。

例えば、今回日本ではKDDIなどの携帯通信会社の株価が一気に落ち続けました。あの途中でチャンスと思い投資した人は、その後も落ち続け焦ったという事もあるでしょう。

さらに、株価が安いという理由だけで投資してしまい、そのまま倒産されたという経験がある方も意外と多いのではないでしょうか。つまり、これは投資ではなくギャンブルに近くなってしまうんです

ではどう対処すべきなのか。正解は静観することなんです。以前書いたかもしれませんが、落ちている株を買うよりも、上昇する流れに乗った方がローリスクでハイリターンまで狙えるチャンスをゲットできるんです。

もちろん、この方法でも絶対に勝てるという訳ではありません。経験が必要ですが、思ったよりも伸びず、逆に下がってしまう事もあります。その時は損切をしてください。そのタイミングに経験が必要ですが、失敗を最小限に抑える技術は必須といえるでしょう。

下落の流れに巻き込まれず上昇ムードに乗るべし

まとめるとこの言葉に集約されます。わざわざ、悪い流れに巻き込まれる必要はないんです。株式投資の素晴らしいところは、自分で選ぶことが出来るという事。

なら、勝ち目のありそうな上昇ムードを探して流れに乗った方が良いですよね。ただし、投資した際には損切の事も一応頭に入れておきましょう。必ず上がり続けるわけではないですからね。

ですが、上昇する会社の株価は突き抜けることもありますからね。例えばワークマンが近年では目立ちました。あの上昇ムードの途中に乗っていれば、利益はある程度あったワケですからね。

下落ムードに乗り、どこまで下がるかわからない恐怖に比べればはるかに魅力的に見えると思います。初心者程、これは必要な思考だと思うので、投資する際には流れを感じるといいでしょう。

アメリカ株の下落続く!コロナ感染急増で経済へのダメージに先行き不安大統領選挙戦で話題のアメリカですが、それだけではないのが今年の恐ろしいところ。世界中で今なお猛威を振るう新型コロナウイルスですが、またこ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です