株・投資

コロナワクチンに長期金利の上昇!今直ぐ狙いたい投資先のジャンルは

アメリカの長期金利の上昇が止まりません。これはコロナワクチンの接種が進んでいることも理由にあります。景気の回復が段々と見えていることにより、投資先が変わりつつあるんです。

ここで注目したいのは、投資自体が盛り下がっているわけではないという事。2月相場はダウントレンドになっているとは言うものの、全てのジャンルで下落しているという訳ではないですよね。

つまり、これまではハイパーグロース株などが人気だった。だけど今はトレンドが変わっている。それだけの話なのです。そこで、今注目の投資砂金ジャンルを紹介しようと思います。細かな銘柄は捕捉程度で紹介、悩んでいる方のサポートになればと思います。

コロナにやられていた銘柄はここで再考

コロナで株価を落としたジャンル。例えば日本でも今航空業界は株価上がってますよね。これはワクチンが無事に接種され、また旅行が再開した世界を想定して上昇しています。この勢いはなかなか落ちることは無いでしょう。

また、旅行関連で言えばホテルなども注目ですね。旅館なんかもテレビでかなりの頻度で経営危機を伝えられていました。こういった業界は、ワクチン後の世界で復活が期待されるでしょう。

ほかにはテーマパークなど娯楽施設の復活ですね。これはアメリカですが、ウォルトディズニーはかなり株価上昇しています。コロナではディズニープラスが絶好調、ワクチン後にはパークの再開と怪物企業と呼べるほど安定しています。

これはやはり内在的価値の高さを象徴しています。今上がり続けていて割高に感じるかもしれませんが、パーク復活を考えれば過去最高値を超えていても十分買いといえると思います。

その他にもレストランなどといった外食産業も賑わってくるでしょうね。

反対にワクチン後に投資しにくいジャンル

一方で投資するのは少し危ないなというジャンルも出てきます。先ほど書いたようにハイパーグロースはポジションを少し下げる必要はあるでしょう。特に決算の良くない銘柄は1度サクッと切るのもアリかなと思います。

何度か当サイトでも書いてますが、クラウドストライクなど1度も決算を落としていない銘柄ですら、今売られている状況です。ただし、決算がいい場合は全売りをオススメしません。あくまでも決算をとした銘柄にしましょう。

それからコロナで相当ちやほやされたジャンル。これも危険ですが、例えばEV業界でしょう。テスラを筆頭に、コロナの中でワーっと上昇していた銘柄は本当に注意が必要。

株ではないですが、金利上昇によるダメージはビットコインなどにも影響します。テスラはこの状況でビットコインに力入れましたね、余計に危機感を募らせた方が良いと思いますよ。

2月相場だけじゃない!ハイテク株の下落は長期金利の上昇にあり正直言って、今の状態でアメリカの急成長株は買いたくない。その原因は2月相場だけでなく、長期金利の上昇にあります。分かりやすく言えば、今ア...

金利上昇で注目はしっかりとした実績

金利が上昇したことにより、これまで上昇していたストーリー性のある銘柄は人気を失います。一方で、しっかりとした経営をしてきた銘柄は上昇を始めています。先ほど説明してませんが、銀行株も買いです。

例えば僕は最近、マリオットインターナショナルに投資しました。ホテルのブランドですが、コロナでも大きな赤字を生みださずに運営しているなど、しっかりとした実績を残しています。

また、テーマとしては素材株なんかも注目すべきですね。景気上昇で金利上昇なのでその点を忘れなければ、大きな失敗はないはずです。財務諸表や決算資料をしっかり確認し、しっかりした経営をされている企業を探す。

急成長株は少しポジションを落としましょう。ただし、重ね重ねですが決算イイ銘柄はゼロにしないことを推奨します。悪ければ売却で、シンプルですが今は最善かなと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です