株・投資

21/9/14現時点での投資先保有銘柄公開!オイシックスとクロックス追加

久々になりますかね、保有銘柄に変更が少しあったので改めて当サイトで紹介しておこうかなと思います。ツイッターでは、よりリアルタイムに近いタイミングで、売ったり買ったりを紹介はしていますが。

例えば、日本の銘柄ではラクスですね、こちらを利確しました。タイミングとしては少し反省する時だったのですが、別の会社に投資したいという理由から動かしました。

また、AMDに関してはツイッターでも紹介しました通り、多くの部分を利確しました。一部残していますが、ほとんどは売却しましたね。会社に問題という事ではなく、9月相場という事と他に投資したい会社が見つかったためです。

このように、利確は悪いことではないです。また、今回はないですが損切はとても大事なので、目論見と違う展開になれば、言い訳せずに1度売るという選択肢も考えておきましょう。失敗は怖くない、1番恐ろしいのは塩漬けですよ。

追加した2銘柄

9月後半から10月の中盤辺りまでは波乱の相場になるかもしれません。ナスダックの上昇も、一部の強い銘柄に引っ張られる形になっており、そこが崩れれば雪崩のように暴落、という事も考えられる怖い状態。

キャッシュ比率を高めてほしい、と当サイトでも書いてきています。ですが、仮に下落したとしても、必ずどこかで儲かる銘柄は存在します。これはリーマンショックなどでも見られました。

とはいえ、それらを狙い撃ちするのは難しく、キャッシュの多くを使うのはギャンブルになるので避けましょう。恐る恐るで、少しづつ買い増していくのでもいいでしょう。

そんな方法で今回新たに投資したのが、日本ではオイシックス、米国ではクロックスです。

オイシックスへの投資

オイシックスはコロナ銘柄と考えている人も多いでしょう。安全に配慮した青果物をネットで販売する会社。コープなども有名ですが、この会社はしっかり成長を見せています。

大地を守る会、らでぃっしゅぼーやをまとめグループ化しました。宅配サービスなので、やはりコロナ銘柄ではないかと。ですが、コロナ前からしっかりと成長を見せていたのは決算を見ればわかります。

確かにコロナで加速した部分はありますけどね。それでも名前を知ってもらえたのは大きく、会員数も増加中。売上は当然で、海外への展開もすでに動いており、地域によっては黒字化も達成しています。

以前僕が書いたように、投資先を決めるうえで世界でも戦える企業というのは大事であると。その点も完ぺきではないもののクリアしていると。

オイシックスのサービスは、単なる食材の配達ではないんです。献立に悩む必要が無くなると言われており、レシピ付きで送られてきます。最低10分でご飯が作れる、という事でプロの方の考案したレシピなども付いてくるんですね。

コロナ後の世界でも、当然ご飯は作るので、こういったサービスは非常に大事だと思います。共働きが当たり前で、料理するのが大変、時間がない。そういった方々にも役に立つサービスだと思います。

クロックスは決算モンスター

当サイトでも複数回、ツイッターでは何度もこの銘柄について触れてきました。決算モンスター、この名前はズームビデオに使われていましたが、僕の中だとこの銘柄にこそしっくりきますね。

とにかく超高いROEとROICの数字。どれほど効率よく稼いでいるのか、高ROEの多いアメリカの中でも、これだけの数字はあまり見られません。

そしてその他の数字もすさまじい。前年も素晴らしい数字でしたが、今年はそれさえも大きく超えて成長中、ハッキリ言って、これまでこの会社に投資しなかったことを後悔しましたね。

売上高の数字なども見ておきましょう。そして、その後に日本の会社をいくつか見てみてください、ハッキリ言って笑ってしまいますよw

コロナから130%ほど株価上昇という事ですが、毎回毎回素晴らしい数字を発表するのですから当然でしょうね。ジムクレイマー氏もついに取り扱ったという事で、嫌でも目にすることになると思います。

既にある程度上がっているので、投資に関しては賛否ありそうですが。結局は素晴らしい企業が買われるので、持っていて安心できる企業への投資、これは大事でしょう。そして、それに該当する企業でもあると思います。

最後に

今現在保有している銘柄をまとめておきます。

9月の保有銘柄

・オイシックス

・AMD

・コストコ

・クロックス

ちなみに、キャッシュ比率はある程度気にしています。9月10月が荒れる可能性あり、という事は買い場は必ず来るという事で、相場が落ち着いたのを待つ必要があります。

折角の買いタイミングで資金0は最もやってはいけない失敗の1つですからね。一気に買うのではなく、疑いながら少しづつ、マーケットの思惑や動きを読んで行動しましょう。焦りは禁物、デザート前にお腹を壊さない様に気を付けましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です