株・投資

22/1/25アメリカ市場の振り返り!FOMC前に上昇も見られた

いよいよFOMCという事で、予定時間は日本時間で午前4時と、リアルタイムで見るのは大変そう。ここの結果ですぐに売り買い決めるのもアリだとは思いますが、折角キャッシュ多いなら少し待ちたいですね。

その瞬間の動きよりも、その後の変化に注目したいので、流れが上か下か見てからでも、これだけ下落しましたし遅くはないはずです。

そういう点では、決算シーズンという事もアリ個別銘柄を見ると大きな動きもありました。特にツイート何度もしましたアメックスですよね。好決算を発表、オープン後はかなり上下しましたが終わってみれば8%以上の上昇。

これはイイ動きですよね、しっかり決算出せれば株価は上がると。また、大注目のマイクロソフトですが、こちらも決算クリアでした。期待が大きく、アジュールの部分では少し弱く見えたものの、全体の数字は問題なし。

弱く見えた事もアリ、瞬間的にはマイナスになってましたが、最終的には時間外でプラスの方向で終えました。ナスダックなどの指数を引っ張る数少ない企業なので、ここの影響力は尋常ではないです。

この後はテスラやアップルなども決算ありますから、どう考えても市場に与える影響は大きい。これらの動きを見てから、ようやく投資を考えるのもアリだと思えます。

25日のその他の動きは、やはりボラが激しかったと。ハイテク系はダメージ受けましたね、特に半導体系は苦しい状況が続きます。

良かったのは、すぐにわかるのはエネルギーです。後は金融セクターも久々に上がったなと思います。もちろん、エネルギーに比べると、弱い様には見えますが。後は軍事に関する銘柄も伸びてますね。

リア充に関しては、レストラン引き続き弱い中ですが、ホテルや航空、船などは上でした。ただしこれらも下がっていた中でのカバーかなという印象で、本格的な上昇相場には見えません。

まだ大きく動くときではない。そんな印象が続く相場になっています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です