株・投資

9/11米国株は上昇の3日間!相場環境は良くないが株価は上に

9月9日のアメリカ相場は、ダウが1.19%の上昇、ナスダックは2.11%の上昇とこの日も上げたまま取引を終了。結果的に、今週は3日連続の上昇で終えることが出来ました。ジャクソンホールからの下げが一旦は止まったと言えるでしょう。

しかし、環境は良くなったわけではありません。ヨーロッパも利上げ、アメリカはパウエル議長の発言からも利上げに前向き、積極的と言えるでしょう。これらの事は、金利に影響して株には基本的にマイナス材料です。

が、織り込んでしまったと言えばそれまでなので、ここから上げていくシナリオも当然あるわけです。今は丁度判断の難しい時期と考えるべきでしょう。投資するのもアリですが、自信満々に買いに行くのはリスク高いと。下げてもダメージを小さくできるような管理が必要です。

さて、日経に関してですがアメリカの上げを考えると、悪くない動きが予想できます。メジャーSQでもあまり関係ないという動きを感じましたし、アメリカ上げるなら、じゃあ上げようという感じで考えてイイでしょう。

強く見えたのは一部の個別を除きますが、自動車関係。それから旅行関係ですね。円安恩恵銘柄ですし、旅行は政府の動きを考えても前向き、好材料がどんどん増えていると思います。

当サイトでも紹介している注目銘柄リストにも、今回エイチ・ツー・オーリテイリングが入りましたが、今後百貨店やホテルなど、増えていきそうですね。一方で、海外から輸入するものの多い企業は厳しく評価されるかも。100円ショップなどは、小売でも辛い時期ですね。

日本は利上げしないというよりも、出来ないという評価で良いと思うので、すぐに円高が起こるのも考えにくいと。9月は元々難しい時期なので、リスク管理をしっかりして投資する。10月は明るい可能性もあるので、無茶しないで備えておくくらいの気持ちでも良いと思います♪

【日本株/米株】投資検討したい52週高値付近のウォッチリスト銘柄この記事では、日々更新して投資を検討しているウォッチリスト銘柄を公開していきます。投資を実際にしたかどうかは、ツイッターで一番早く公開し...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。