株・投資

雇用統計で米国株上昇!懸念された平均受給に変化の兆しも

金曜日のアメリカ株は大幅に上昇しました。ダウは2.13%の上昇、ナスダックは2.56%の上昇となりましたね、素晴らしい上げでしたが上昇トレンドとは言えないので警戒は必要なものの、ひとまず嬉しい材料。

ISMの発表も相まってダブルの上げ要因となりましたかね、平均受給の下げと景気の悪化がインフレ退治への影響を考えられて株は買われました。当然金利は低下、ドルは売られ環境は良くなりましたね。もちろん反発はあるでしょうが。

次はCPIが発表されますが、基本的には影響力は少し下がると予想。ですが予想ですし、数字次第ではまだまだ影響受けることも覚悟ですね。ただそれよりも、日銀の利上げがどうかという方が影響受ける人も多そうです。

それに加え決算という重要なイベントに話は変わります。ここまで景気後退期待で株価上がってますが、実際に業績悪ければ、その会社は売られる可能性もあるので複雑ですね。ただ買われる動きも期待は出来るので、株価の動きに注目しましょう。ですが早めに動くリスクの高い投資は避けたい。

ここまでじわじわと長い間下げている相場ですが、それが上昇になるにはキッカケが複数必要でしょう。ここまで投資家のマインドというか、期待は何度も裏切られ、損失を大きくしてきましたからね。

とはいえ、今回いい材料が久々に出たのは事実です。1つ出れば、2つ目3つ目と出てくる可能性はあるので、まずは決算。ここを無事にクリアした企業には素直に注目しましょう。先手ではなく様子見、焦らず乗っていきましょう

【日本株/米株】投資検討したい52週高値付近のウォッチリスト銘柄この記事では、日々更新して投資を検討しているウォッチリスト銘柄を公開していきます。投資を実際にしたかどうかは、ツイッターで一番早く公開し...
2022/9投資初心者へ!株に興味持った人に今知ってほしい事2022年9月がもう少しで終わろうとしています。9月と言えば、1年を通して株式投資が難しい時期というのが常識です。アメリカの平均的な株価...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。