スポーツ

バスケ男子日本代表について感じたこと!ワールドカップで今後成長へ

少し前になるかもしれませんが、バスケットボール男子日本代表について。結果はご存知の通り、悔しい終わり方をしましたが予選での活躍も事実。今回この舞台に行けたことで、確実に今後が楽しみになりました

バスケやスポーツに限らず、自分の立ち位置や現状を知ることは自分を知ることであり、これをして次に進むことが出来ると個人的には思います。世界との差を感じ、それでも次のステージへあがろうとする人が現れてこそ、進化は起こるのでしょう。

日本のバスケは現在成長期です。ワールドカップへの挑戦は無駄ではなく確実に今後のためになっていると言えます。その根拠も紹介。今の日本に足りなかったものと合わせて。

認知度を上げたことが大きい

まず、日本代表対アメリカ代表が地上波で放送されました。結果は差を感じさせるものでしたが、まずは知名度や認知度を高める重要性は、多くのスポーツを見ても実感できます。例えばテニスで錦織圭選手が登場し、多くの親が子供にテニスをさせました。

地味ですが、これが最も効果のあることだと思いますね。1人または1チームの活躍が、その後の発展に大きく貢献するという事は多くの事例があります。実際には勝てませんでしたが、世界のトップクラスと戦う姿を見て何かを感じた人もいるでしょう。

そうした人を増やすことが、将来のそのスポーツに影響を与えます。フィギュアスケートなんかは典型的なそれでしょうしね。まずは多くの人に知ってもらう必要、そして見てもらう必要があるでしょう。その点に関して、バスケもスタート地点から発進できたと思います。

日本代表である必要も実はない

欲を言えば、それが日本代表であれば嬉しいですが、最低限そのスポーツのすばらしさを感じさせられればいいのです。アメリカ代表の凄いプレー、そこから派生してNBAを楽しむ人の増加、こうなれば自然と素晴らしいプレイヤーが誕生していくんですね。

一番厳しいのは、日の目を浴びないこと。この最初の壁を超えると、一気のレベルアップすら可能となるのです。一気ではないですが、僕の好きなサッカーもそうでした。リーグのスタートで国民の認知度を上げ、それでも世界との格差を痛いほど感じさせられ。

ですが現在、世界ともいい試合が出来るほどになり、代表クラスでは多くが海外のチームでプレーしている。一歩一歩、確実に成長している証拠で、認知されることがどれほど大切かがわかる例でした。

僕が思うに、自国のプレーでなく、世界の凄すぎるプレーを見るのもアリだと思います。僕なんかは、やはりメッシ選手の活躍を見てドハマりした1人です。その結果学生時代はサッカーをプレー、まんまとこの流れに乗った人でしたからねw

サッカー日本代表Wカップ予選!対ミャンマーはフィールドに警戒

日本のバスケの今後

日本の国内バスケも、リーグが開催されたり知名度のアップ、努力の結果サッカーの時のように確実に成長する軌道に乗ってきています。また、羨ましいですが八村選手のような強力な人物がすでにいます。

これを追うように、どんどん優れた選手もでてくるでしょう。今回の結果は確かに辛いものがありましたが、決して無駄なものではないです。

むしろ、楽しみになったと言えるのではないでしょうか。世界を本格的に目指す選手も、サッカー同様に出てくると思います。今後の活躍に、期待せずにはいられない、そんなワールドカップでした!