考え

災害は他人事ではない!どう対応すべきか考えてみる

日本には地震や津波といった災害がある。

しかし、雨に対する認識は個人的に薄かったです。

まさか、雨であのような災害、特に死者の数に驚いてしまいました。

もはや雨だからと油断する人は少なくなったでしょう。

 

こういった災害を見ると、自分がどのような行動をすべきか考えさせられますね。

自分ならどう考え、どう行動するのか、考えてみました。

災害に対する準備は確実に

まず、僕は準備の大切さを感じました。

地震の際には、災害対策グッズが多く売れましたよね。

大きなバッグに保存の効く飲料水や食事。

確実に必要なものが、ある程度入っていて僕も買いました。

 

しかし、大きな地震が起こらなくなって油断してませんか?

確認すると賞味期限が切れている場合もありますので、普段していない人は確認しておきましょう。

 

また、災害に対する準備とはモノだけではありません。

避難場所の確認や、行動なんかも大切です。

ハザードマップや、地域での決め事なんかも不安な場合はチェックしておきましょう。

判断ミスで、大きな被害を受けることもあります。

メンタル面も大事!

そして、今回一番強く感じたのがメンタル面。

よくあるのが「どうせここは大丈夫!」や「迷惑をかけたくない」というもの。

これらはよく聞きますし、必ずといえるほどそういうコメントをする人がいます。

この考えは少し直しておいた方がいいと思います。

 

避難指示があっても、少し川から離れているから大丈夫。

これは何の根拠もないですよ。

家に水が来てからでは手遅れにもなる。

少しビビりな方が、長生きが出来るとはこういった理由かもしれません。

 

また、迷惑をかけたくないからという理由で避難しない人もいるらしい。

正直言うと、逃げてくれない方が迷惑がかかる場合があります。

自衛隊の方なんかが、人探しにいかなければならなくなります。

亡くなっていた場合でも、探さなければならないし、悲しむ人も出るでしょう。

 

どうせ迷惑かけるなら、生きて迷惑をかけるべきです。

それくらいの考えで、避難をしてもらいたいですね。

災害の多い日本だからこそ

日本という国では、どこにいても何かしらの災害の可能性があります。

だからこそ、災害対策のエキスパートにならなければならないでしょう。

避難指示にはしっかりと従い、命は自分で守る。

死んでいいわけないのです。

 

過去の災害を参考に、自分で出来ることをたまには考える。

出来ることはやっておきましょう。