アニメ

2020上半期の個人的アニメ1位!結果かくしごとの漫画一気買いに

久しぶりに漫画・アニメについて書いていこうかなと思います。最近はコロナとかビジネス系が主でして、それもあまり明るい話題ではなかったですからね。楽しい話題と言えばアニメでしょう。

個人的なランキングですが、2020上半期は「かくしごと」に最もハマりましたので、少し書いていこうかなと思います。あまりネタバレはしない方向なので、その点に関しては安心してくださいね。

普通のギャグアニメではなかった

僕はギャグアニメが好きで結構見ますが、これは普通のギャグアニメではなかったです。もちろん、基本的にはハチャメチャがテーマですが、何か裏に1つあるぞと思わせぶりなシーンが散りばめられています。

特にスタートからそういった要素が含まれていて、ギャグパートとの差が大きく、見てる側もいろいろと推測してしまう構成なんですよね。わかっているが面白いと。

気になって検索してみたら、実は主人公は死んでいるんじゃないか。そんな考察も多く出ており、関連ワードでも出てくるほど。結末に関しては大切なので触れませんが、それくらいの落差がギャグパートとはありました。

見るキャンプ!?ゆるキャン△が人気アニメになったのは雰囲気か昨年放送されたアニメの中でも、記憶に残っているのが「ゆるキャン△」なんですが、非常に評価の高いアニメになりましたよね。 個...

作者の日本語使いが好き

以前「ひとりぼっちの○○生活」というアニメが好きで見てましたが、この作品も日本語のいじりが方が好きでした。名前もそうですが、大きなテーマとなる「隠し事」と「書く仕事」のようなことですね。

あとはラストの方で発覚する名前の意味とかも衝撃的でしたね。ある程度予想はしていましたが、当たっていても外れても楽しめるというラッキーな作品です。

普通にギャグアニメとしても楽しめ、別のパートも楽しめるというのは一石二鳥と呼べるかもしれません。また、アニメは意外と声優陣も豪華だったと思います。

曲も良かったし最高でした

最後になりますが、オープニングやエンディングも良かったです。絵も良かったですし、作品の雰囲気にも合っていたように感じました。特にOPに関しては歌ってしまうほど好きで、さすがプロだなと。

そういう意味でも、かなり気合の入ったアニメだったなと思いますね。ただのギャグアニメではなく、作者さんの伝えたいこととか、主人公などの心理的なこととか。考えさせられることもいくつかありました。

ですが、まずは純粋に楽しめる作品かなと思います。で、結局アニメだけでなく漫画も買ってしまいましたね。ネットで何でも買えるのは、お金的には困ったものですw


僕の場合は今回のようにアニメから入って、漫画を買う事が多いんですよね。そういった流れで言えば、鬼滅の刃がブレイクしたような感じでしょうか。

明らかに気合の入り方が違うアニメってたまにありますよね。出会ってしまうと漫画を一気買いしてしまうので、お金を貯めておこうと思いました。ゆるキャン△とかもそうでしたね~。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です