アニメ

ジョジョの奇妙な冒険5部がアニメ放送中!進化していくOPにも期待

いきなりですが、僕はジョジョの奇妙な冒険が好きです。

単行本も全てそろえており、現在も続いている8部も読んでいますね。

紫色の本を見ると、ジョジョと間違えることもw

 

そんな僕にとって、ジョジョのアニメ化は楽しみなんですよね。

これまでは3部で止まっていましたが、4部開始から続いて5部まで。

最初聞いたときは、結構流れでいくんだなと。

 

この感じでいくと、6部までアニメ化がスムーズにいくのかも

ぜひ神父まで見てみたいものですよ。

 

さて、本題に戻ってジョジョの5部。

主人公のジョルノがひたすらかっこいいんですよ。

その血統も見事なもので、父親はあの「無駄無駄ァ!」の人。

 

スタンドを使いますが、まぁ当然のことですね。

3部でディオが死に、ジョースター家との直接対決は終わります。

しかし、世界はその後も続いていく。

受け継がれていくわけです。

 

ジョジョの作品は、この流れが素晴らしいんですよね。

とある番組でも語られましたが、本当に大河ドラマを見ているよう

そう感じるのも納得なものです。

 

特に、5部ではディオの息子が主人公。

6部は承太郎の娘が主人公ですから。

6部の場合は、受け継がれる意思というテーマも根底にありそう。

ラストの方のシーンではそれを強く感じます。

アニメの良さ

僕が思うアニメ化の良さの一つに、オープニングがありますね。

ジョジョは結構これが凝っていて、通常版のほかにも効果音がついていたりする場合も。

さらには物語に合わせて映像が変わる演出もありました。

 

一番好きなのが4部のバイツァ・ダスト

通常版の映像が時を戻されるがごとく、逆再生されるという演出でした。

その最後のシーン、吉良吉影に背を向けていた仗助たちはいっせいに彼の正体を発見。

 

ラストのOPでは、通常再生に戻るも最初から吉良の方を見ているという細かい演出が。

こういった、細かな点がジョジョらしいところであります。

普段アニメのオープニングを聞かないという人も、非常に楽しめると思います。

 

まだスタートしたばかりですから、5部の方では目立ちませんが今後ありそうですね。

ネタバレになりますが、終盤は逆再生の代わりに吹っ飛ばしが見られるかも

原作を知っていても楽しめる要素はイイですね。

パワフルもタクティクスも楽しめるバトルアニメ

最後になりますが、ジョジョはパワーも知力も楽しめるバトルアニメ。

一人一人のキャラも素晴らしく個性があり、いろいろな考えを持っています。

相手によって相性があるというのも面白い点。

だから最強が誰かは難しい。

 

これをファンの人と言い合うのも楽しいもんです。

まだジョジョを知らないという人も、まずはアニメから楽しんでみては。

その際はぜひ、オープニングも見てほしいです。

 

ようこそ・・・男の世界へ・・・。