スポーツ

いざ菊花賞で3冠を!コントレイルが断然人気で神戸新聞杯を制覇

父ディープインパクト以来の無敗の3冠馬へコントレイルが菊花賞の前哨戦となる神戸新聞杯に出走しました。今年は阪神ではなく、中京競馬場で開催された1戦ですが、距離も変更となっていたが関係なし。

終始手綱を引いていた鞍上の福永騎手。直線へ向くと、前が空いた瞬間にねじ込み後は持ったまま、いや、押さえたまま楽々先頭に立ち勝利。派手さはなく、それでいてただ強さを見せつけた印象を受けました。

コントレイルは個人的に、かなりエリートな馬だと思います。オルフェのような派手さはないものの、レースに使えばサクッと勝っている。この当たり前のような強さが、実は本当に恐ろしいんですよね。

競馬の仕方も派手さがないし、こうなると対策のしようもないでしょう。後は最後の菊花賞を残すのみ。敵は距離以外何もないと思いますが、思わぬ伏兵の存在もあるかもしれない。

それでも、父ディープインパクトに並ぶ記録を打ち叩てほしいですし、それもサクッと達成しちゃう気もしますね。携わる方々の緊張は凄いでしょうが、応援しております♪

2020年のクラシックは激アツに!無敗の3冠馬が2頭誕生なるか2020年はオリンピックが開催予定でした。結果はコロナウイルスで延期に、経済的にもダメージが広まり今なお続いています。そんな中で国のトッ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です