スポーツ

2020年度代表馬はアーモンドアイ!記録多くもジャパンカップ影響

2020年の競馬界は素晴らしい記録だらけのストーリーでした。アーモンドアイが中央G1最多勝記録を達成し、3歳では牡馬牝馬で無敗の3冠馬が誕生白毛のG1制覇や、最後にオメガパフュームが同一G1三連覇達成という記録も誕生した。

そんな1年でしたから、年度代表馬は選ぶの難しいかなと個人的には思っていたのですがね。友人とラインでもその話になり、結局はアーモンドアイだろうとなっていたのですが結果はその通り。

記録だらけだった割にはすんなり決まった感じですよね。それくらい彼女の結果、パフォーマンスが高かったという事でしょう。それに、引退しますから来年チャンスのある馬は厳しく見られるというのも考えてましたw

とはいえ、アーモンドアイの強さは本物。1度使った有馬記念では、別サイトで予想公開した通り軽視していました。ですが、それ以外のレースでは人気でも仕方ないという事で買い目に入れざるを得なかった

まぁ単純にそれくらい強く、気になる存在だったわけです。年度代表馬に決まったのは、最後のジャパンカップが非常に大きかったと思います。ドバイを勝利したのもあるでしょうが、やはり無敗の3冠馬との対決、このインパクトは強烈でした。

まさに最後にして直接対決。最後の試練だったわけですが勝ち切るのは本物ですよ。1度目のジャパンカップの勝ち方も凄すぎて、未だに映像が脳裏に焼き付いてますが。

アーモンドアイの凄さは脚質にも自由があった事でしょう。枠を活かした競馬ができ、1度目のジャパンカップは先行策ですからね。強い馬にあの競馬をされると後ろは厳しい。2回目も3冠馬より前で競馬しましたね、ルメール騎手も凄いが、従う馬も凄いと思います。

文句なしの年度代表馬。2021年は3冠馬が活躍するのか、それとも3歳でまた強烈な馬が出てくるのか。後は牝馬の強さですよね。フィエールマンが引退して牡馬は戦えるのか。こういう点でも楽しめると思いますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です