スポーツ

U-24サッカー日本代表が対アルゼンチンで快勝!3発決まるも注目すべき選手は

オリンピック世代の対決となった日本代表対アルゼンチン代表。これの2戦目が29日行われましたがBS放送なので見られないという人もいたでしょうかね。金メダル2回の優勝候補のチームと2回練習できると。

開催地という事も含め、これは恵まれた経験だなと思いますが、1戦目は0対1で日本は勝てず。内容としてもあまり良くなく、数人の選手が良い動きをしていたなと思うだけでした。

それが変わったのが2戦目ですね。結果は3対0と完ぺきな結果ですよね。大量得点に加えて失点0というのはサッカーにおいて素晴らしすぎる結果です。特に相手はシュートまで行けないと、そういう展開でしたので辛かったでしょう。

日本は前半のスタートから物おじせず、積極的にハイプレスをしました。動きも軽かったですし、特に守備のフォロー、コンビネーションは素晴らしく改善されました。1戦目負けた意味があったと思います。

ただ、明らかに変わった部分があります。それは川崎フロンターレの田中碧選手でしょう。1戦目は出場できませんでしたが、2戦目から先発出場。僕としてはMVPは彼でしたと、ハッキリ言いたいです。

ポジションや役割を考えると、ここは指揮官になるんですよね。で、中盤が安定することのメリットは計り知れないと改めて思いました。A代表では現在、中盤に遠藤選手がいますが、彼は所属するリーグで最も1対1が強いという数字を持つ選手。

数日前の試合を見ても、真ん中が強いというだけで前は強気に攻めることが出来るし、後ろは陣形整えたり、フォローに入るだけでよくなるなど得点がいっぱいです。守りから攻めに入るのも、中盤が切り替えできるだけで相手ゴールから近い位置ですぐに攻撃できます。

それを考えると、アルゼンチン戦では田中碧選手の指示やゲームメイクは相当なものだったと。いいパスも前に送ったり、何でもできる選手だなと思いましたね。1戦でインパクトを残した。フロンターレが強いのは当然と思いましたね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です