株・投資

CPI発表前日のアメリカマーケット!強い動きはヘルスケアと消費財

前回大きな影響を与えたCPIの発表、7月も間もなくやってきます。一部ではインフレはピーク付けたと言いますが、予想はかなり高めですよね。これらを先に読んでおき、強気の利上げを織り込んでいるのが今の状況。

今厳しい理由は、景気良ければ強気の利上げ、そうでなければ景気後退になるという事で、同結果が出ても株の下がる理由になりそうな点です。こういった厳しい状況の中、株価がしっかり上がっている銘柄も事実ある。その傾向がタイトルにあります。

ヘルスケアや一般消費財、このあたりが強い動きの銘柄が多いセクターです。特にヘルスケア、薬やバイオですね、この辺りは高値にいる銘柄が多いです。変に小さな企業ではなく、すでに実績ある商品を開発している企業が無難ですね、そうでなければかなりギャンブル性高い。

日本でも似た動きですが、加えて保険なども強い動き。コロナ影響し、好調だった旅行関係は少しストップ、やはり薬品などが買われたり、カゴメやキリンなど一般消費が同じように強いです。また、一部金融系が上がり始めているのも面白い傾向

ある程度上がれば利確するという動きが今は強そうですね。少しでも上値重いと感じたら、一部でもいいので利確していきましょう。一気にやる必要はないですが、下落の時を想定しストップを逆指値で入れておきましょう。そうすると安心してトレード出来ますよ♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。