株・投資

11/26感謝祭で米国株は短縮!微調整な動きで日米終了

11月25日のアメリカ株と日経を振り返りつつ、今後について簡単に書いていきます。まず振り返りですが、ダウは0.45%の上げ、ナスダックは0.52%の下げとなりました。まずまずですね、やはり祝日明けからのまた土日なので強い動き無し。

アメリカは短縮でしたので出来高も望めませんでしたね。これを参考にトレードする人には少し判断が難しくなる1日でしたが、月曜日の動きが注目されます。休み前は基本強い買いはないので、それは仕方ない。

金利が少し上昇し、その影響もあってかナスダックは下げました。VIXも上げていますが、気になるほどでもなく、ここまでは低い方の水準。MACDもデッドクロスですし恐怖する必要はそこまでですね。

ビック企業を見るとアップルなどすべてマイナス。これはナスダックに影響大ですね。特にアップルは2%に近い下げなので、これは指数は下げます。アルファベットも今年は良いところなし、エヌビディアもこの日は下げています。

セクター別で見るとヘルスケアと公共事業のETFが比較的良かったですね。今年を代表するセクターの1つで、エネルギー関連と同じように頑張っています。エネルギーはこの日あまり良くないですが、チャートは今も悪くないですね。

日経もアメリカのように面白い動きはあまりないですね。下げるのも少しだし、上がる時も印象は薄くそれほど。もちろん、個別を見て投資は判断しますが、市場の環境としては大きな動きが無いという事で、買いたくなる銘柄はそれほど増えません

ほぼ毎日更新している、ウォッチリスト銘柄紹介の記事がありますが、更新が少ない時は単純に追加できる企業が無いという事で。これが増えている時は、環境は本当に良いという事なんですよね。

スクリーニングの条件を少し厳しく今週からしているとはいえ、チョットまた少ないんと思っています。が、9月は本当に1日3銘柄とかだったので、それほど酷くも無いですが、パッとしないという評価です。

また、投資して見ると上がり切らずショートカバーのような動きでしたという事も結構見ているので、上は重たいですよね。少し嬉しくなったら細かく利確していく、これが正解の相場ですが、そう考える人も多そうで全体的に上値が重いなと思います。

なので昨年までと違いストップロスは気持ち浅くする、ダメージを減らす戦略を練る事で、利益が少なくなった場合にも対処できるので、リスク管理は今後ともしっかり行いましょう!

【日本株/米株】投資検討したい52週高値付近のウォッチリスト銘柄この記事では、日々更新して投資を検討しているウォッチリスト銘柄を公開していきます。投資を実際にしたかどうかは、ツイッターで一番早く公開し...
2022/9投資初心者へ!株に興味持った人に今知ってほしい事2022年9月がもう少しで終わろうとしています。9月と言えば、1年を通して株式投資が難しい時期というのが常識です。アメリカの平均的な株価...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。