暮らし

宝くじで賞金分配するなら注意が必要!税金対策にこの方法

皆さん、特に年末が多いでしょうが宝くじを買いますでしょうか。

配当は徐々に大きくなり、8億円なんかも狙えちゃうのが今の宝くじ。

その中でも人気なのがジャンボくじですね。

 

冒頭でも書いた通り、年末ジャンボは毎年盛り上がりますし、サマージャンボやオータムジャンボなんかもありますね。

自分一人で買い、賞金も自分で貰うのなら当然何の問題もなし。

しかし、もし分ける予定があるのなら知るべきことがあります。

 

税金対策。

所得税がかからない宝くじですが、他の税金にひっかかることも。

注意しておきましょうね。

宝くじ当選で破産しかけた人の話

じつは、せっかく宝くじを当選させたのに、大きな金額を失った人もいます。

これはよくある、騙されてとか、狙われたわけではありません。

実は税金に関係するものなんです。

 

というのも、当選金を他の人に配ったりすると、贈与税などに引っかかります。

これを知らずに、大きな金額を上げてしまったばかりに、損をしたという人も多くいるそう。

運がいいのか悪いのか・・・知らないことは運の問題でもないですね。

贈与税を回避する方法

宝くじが当選したことが分かった際、すぐに貰いに行かず、いったん落ち着きましょう。

難しいとは思いますけどねw

考えるべきことは、誰に配る予定であるか。

 

最初からわかっている場合なら、贈与税を回避する方法があります。

それが共同購入です。

自分たちは、○○円の宝くじを○○円づつ買っていました。

なので、配当もわける予定です。

 

このように説明すれば、お互い出資者となり贈与にはなりません。

それが事実かどうかは難しいですしね。

 

やり方は難しくありません。

そもそも、高額の配当が当選した場合、通常の販売所では受け取れません。

直接銀行に行くことが条件です。

 

それに、分配したい人と一緒に行くだけでいいのです。

そこで共同購入したと言えばいいでしょう。

これだけのことですが、知ってるか知らないかで大きく変わります。

贈与税は非常に高い!ぜひ注意を

これを書いた理由は、贈与税の高さです。

金額によりますが、1億円親に渡そうとします。

そうすると、約5000万円が税金で持っていかれますよ。

 

なんとまぁ、半分も無くなってしまいます。

知らなかっただけで5000万円マイナス。

天国から地獄とは、このことと言えるのではないでしょうか。

 

なので共同購入としてもらうのが絶対です。

何回も言いますが、一人が代表で貰いに行くのはダメです。

かならず、受け取る人は同伴でいかなければなりません。

 

一人が代表としていったところで、分けた際に税金発生。

必ず一緒に行きましょう。

目の前に凄いお金があるのですから、面倒がらないようにねw