暮らし

織田信成氏が関西大コーチを提訴!無くならないモラハラやパワハラ

今回気になった話題は、織田信成さんが関西大のアイススケートコーチを提訴したことについて。注目した理由の大きな部分は、スポーツ関係でのモラハラやパワハラが無くならないことです。

もちろん、これがスポーツに限った事ではないし、問題なく過ごしている人たちがいる事は分かったうえでのことですよ。ですがスポーツ関係のこういった話題、本当に無くならないし減りませんよね。

例を出して申し訳ないですが、相撲協会も暴力関係で何度も話題になってますし協会騒動はいくつかのスポーツで報道されました。今回は大学、そしてコーチという事ですね。シーズン中に残念とか言われてるそうですが、織田さんは前から話していたそうですよ?

無視や陰口ぐらいで?

正直、今回この話題で気になったワードがあって「無視や陰口で?」っていうのが多かった・・・らしい。でもね、ハッキリ言うと陰口ならまだしも無視ってかなりきついですよ。人間反応してもらえないのが一番堪えると思います。

ツイッターなどのSNSだって、考えてみれば承認欲求を満たすツールの代表で流行ったことを考えると、多くの人は誰かに認められたいと思っていることが証明された。もし1年間ツイートして、イイネが1つ2つなら続けない人が多いでしょう。

これが目の前で行われるって、正直かなりつらいし精神的に来ると思います。事実僕の知り合いにも、学生時代短い間ですが無視を経験した人がいて、下手すると攻撃されるよりもつらいかもって話していました。

だから「これくらいのことで?」という意見は問題外。おそらく、こういう発言をする人は経験があまりないのではないかと思います。それかかなり精神力があり、何とも思わないような人なのか。まぁ少ないでしょうがね。

注意点もあるが・・・

ただ、この件に関しては一方からの話しか出ていないため、まだ現状判断しきるのは危険でしょうね。今後大学やコーチの意見もでるでしょうし、世間が注目すればおのずと会見も行うでしょう。

それまでは断定するのは危険。とはいえ、かなりの覚悟を感じましたし、あれが演技などであれば相当な驚きであることは間違いない。大学についてまで話しているので、かなり考え悩んでの決断だったのでしょう。

好きなスポーツの事であるからこそ、今回は行動したという事なので、これは反論するのかどうか。どうするにせよ、大学やコーチ側は相当苦労することが予想されますね。

時にナルシストは最強のメンタルに!自分を好きになり自信をつけよう

見えない部分が明かされつつある

最後になりますが、最近になってスポーツ界の問題が取り上げられていますが、悪い事ではないでしょう。今回の織田信成さんのように、好きなスポーツだからこそ良くしたいという考えは本当に素晴らしい。

今と昔、時代における常識の変化もあるでしょうが、問題が明らかになっているのは伝える手段が増えたことが大きな理由。個人的にはそう思っています。言ってしまえば、有名人がSNSで公開すれば一気に広がりますからね。

ねずみ講ではないが、10万人が見ればそこから数十万人以上の人に拡散され、短時間に問題が大勢の人に伝わっていきます。だから、力を持っていた大元もそれを止める方法が無くなったワケです。恐ろしくも有り難い存在ですね。

今後さらに進化すると考えると、これまでオープンにされなかった部分も隠すのが厳しくなっていくでしょう。一度クリーンに、こういったことがスポーツ界に限らず起こっていくと予想します。

今回の騒動もその1つ。簡単に大勢の人へ情報を送ることが出来る社会になった今、隠し事などは通用しずらくなることを覚えておいた方が良いと、感じることが出来ました。

24時間営業は必要?コンビニオーナーの現在と今後を考える

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です