ビジネス

どんな不況も成功者は現れる!?コロナで苦戦も進化できるか問われる

コロナの影響は日本だけでなく、世界中で大きく受けた。アメリカの景気もかなり悪化し、日本ではバブル崩壊以上のダメージもありました。ある程度終息を見せ始めていますが、怖いのは第2波の知らせですよね。

韓国ではクラスターが発生するなど、改めてこのウイルスの脅威を知らされました。一方で、市場にはマスクも登場するなど少しづつではあるが日常に戻れつつあります。倒産する企業も多い中、今後どう変わるのか。

とある成功者の1人が以前興味深い言葉を残しました。「不況は大変だがそれを言い訳にはできない。なぜなら平等だからである」と。まさにこれで、過去にも経済危機はたびたび起こっています。

しかしそれを乗り越え、一気に成長した企業もありますからね。今回のコロナでも、それを利用するくらいの気持ちで成長する会社が出てくるだろうと。この記事ではそういった点に注目します。

リモートワークは分かりやすい1例

毎日話題にもなっているリモートワークという働き方。出社することなく仕事できるというもので、意見は分かれるものの悪くないという評価も多い。嫌な人に会わなくてもいいという意見には、日本らしさを感じましたね。

さて、この働き方ですがコロナによって取り入れた企業は多い事でしょう。この日も放送されたニュースでは、企業が取り入れた結果オフィスの一部を売却したという報道が。結構な費用が削減できるようで、会社からすればいいことも多い。

また、実際に家で仕事が出来ると判断したところも多く、今後も続けるとした企業が想像以上に多かったですね。移動にかかる時間や費用もありましたが、これで解決もできるでしょう。

デメリットもあるが

一方でデメリットもあるそうで。よく聞くのが能力がハッキリするという事。勤務時間以上に結果が求められるでしょうから、能力の高い人とそうでない人はハッキリするのではないでしょうか。

それからネット環境が大事になってくるのはもちろん、人によってはオンとオフの切り替えが難しいという事も。家にいても仕事するなら、リラックスできる場所はどこになるのか。この問題は気持ちが少しわかりますね。

なにかと誘惑が多い自宅だと、サボる人もいるかも。大人とはいえ、こういう思考ってそこまで子供と変わらない人もイイんです。


新たな需要で新たなチャンス

ですが今回伝えたいのは、リモートワークだけではありません。本当に考えるべきは、この後の世界であり、リモートワークなどはその1つに過ぎないという事。

大きく世界が変わろうとしているという事は、そこに新たな需要が出てくるという事。つまりそれだけビジネスでもチャンスが生まれるという話です。それを考えるだけでも、自分の資産になると僕は思います。

株を買うにしても、どういった企業に投資すれば成長するのかが考えられるでしょう。自分でビジネスするのもイイですが、資金がかかりますからね。ただ、今後はビジネスもリーズナブルになる可能性がありますが。

以前紹介したように、投資の神様バフェット氏はお気に入りの航空株を全売却しました。つまりそれだけ、今後の世界では変化が起こると考えたわけです。5年後10年後の世界をイメージするだけで、自分のすべきことが見えてくる。

先を見据える能力を身につけてこそ、成功するチャンスを得られると思って行動してみましょう。過去からも、それはハッキリとしていますしね。

航空株をバフェット氏が全売却!コロナで人や経済変化の中五輪開催は

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です