スポーツ

馬券予想が楽に感じる?競馬で儲けたいなら1頭の種牡馬を追うべし

「競馬ってギャンブルだし、儲かる人ってごく一部しかいないんでしょう?」って思っている人は多いでしょうね。事実、毎年利益を出せる人なんて少ないでしょうし、はたしてプロの人もどの程度利益があるか、正直わかりません。

僕個人の成績を言えば、プラスになったのは昨年と今年現在の約2年と言えばいいのか。それまでは、年間で収支をつければマイナスでしたでしょうね。しかし一方で、買い方次第で儲けが出せることも理解できてきました。

そういったコツのようなものを、僕の趣味のブログにてコツコツ書いているので本気で儲けたいという人はぜひ1度見てほしいです。

馬券で利益が出せるようになったことを紹介中です♪

今回ここでは、競馬予想を楽にしたい。または予想の軸を作りたいと悩んでいる人におススメしたい考え方を1つ。それが1頭の種牡馬を極めてみようという事ですね。

競馬は血統のスポーツ!

世界中で行われる競馬というスポーツ。戦うフィールドや舞台は変わっても、世界で共通して言われるのが「ブラッドスポーツ」というキーワードです。

例えば、日本競馬の歴史上最強とも言われるディープインパクトという馬。実はお父さんになっても記録を作り続け、今年の無敗のダービー馬にして2冠を達成したコントレイルという馬も、ディープの産駒なんですね。

強い馬から必ず強い馬が出るわけではないですが、その傾向はありますし、オス馬は現役で活躍しないと種牡馬入りが厳しいので、そういう流れは関係します。

また、毎年馬主さんによる競走馬のセールがあるのですが、やはりディープインパクトの仔となれば1億は基本的に超えるのは覚悟ですね。そこで注目すべきは、まだ走っていない馬にも高額をつけるという事。

つまり、いかに競馬は血統が重要視されているかが、わかるという事です。1度データを調べるとわかりますが、多くのレースでディープや他の上位馬は好走しており、血統の大切さは直ぐにわかるかと思いますね。

それから、先に紹介しちゃいますが僕が血統予想に目覚めたのは亀谷さんという血統予想家さんのおかげです。テレビなどでも高配当バンバン出す人ですが、本に書かれている通り買うだけでも儲かることもあるため、紹介しておきます。


勝ち馬がわかる血統の教科書/亀谷敬正【1000円以上送料無料】

1頭の種牡馬を極めるとかなり楽に

1つのレースには、最高で18頭も出走してきます。多少の偏りはあるでしょうが、その数の中の全てを血統判断しようとすれば最初は大変なはず。僕も正直オススメできませんし、やってないですからねw

ではどうするかという事で、1頭の種牡馬から学んでいきましょうという話です。その時に、強いからとディープに決定するのも勿論悪くない。実際に好走率が高く、的中に最も近いですからね。

しかし、儲かるかどうかは大変ですね。なぜなら強いのをみんなが知っており、妙味があまりないことも多いからです。かといって、人気のない馬だけ狙っても、的中率を下げるだけ。

そこでオススメするのが、今はロードカナロアという馬です。アーモンドアイのお父さんとして有名で、現役時は香港のG1でも衝撃の強さを見せました。しかも配当妙味も結構見られ、配当も楽しめると。

ロードカナロア産駒は母を見るだけで

この血統を推奨するのは他にも理由あります。それは、お母さんの傾向を受け継ぎやすいということ。アーモンドアイはお母さんが芝の中長距離でG1を好走していた馬でした。その結果、ジャパンカップを圧勝するなど、長い距離でも活躍。

一方で、ダート戦でもある程度成績を残しており、買い方次第では結構なプラスもあるためオススメできる産駒なのです。つまり、ロードカナロア産駒で母の血統や実績から、狙いどころを探せると。

コツがわかれば楽しいし、予想も簡単なので超オススメできます。詳しくはメインサイト内でロードカナロア産駒についても書いているので、参考になればと。

ということで、まずはロードカナロア産駒を極めてみる。限らずともいいですが、わかりやすいのでオススメしておきますね♪

20安田記念はグランアレグリアが制す!アーモンドアイは2着まで

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です