ビジネス

コロナで危機感が増す?投資を始めたばかりの人へ伝えたいたった1つのこと

コロナウイルスの影響がまた出始めており、ステージ幾つとかよく聞くようになりました。また、世界に目を向ければ本格的な活動制限、ロックダウンなども行われています。まだ日本ではそこまでですが、その可能性も示唆しています。

オリンピックどころではない現状ですが、ワクチン次第。とはいえ経営状況がギリギリのお店や会社も増えています。そんな社会の中にあって、日経平均を見るとバブルを超える状態に。実体経済と乖離しているという声もありますね。

今、世界では投資活動を行う人が増えています。その理由ですが、1つが経済的な不安を感じているから。コロナによって、収入源が会社の給料だけでは怖いと思い始めた人も多い。そういう人が、投資を開始したのは事実でしょう。

また、家にいる事が増えたことでお金が貯まっているというのも1つあるでしょうか。インタビューではそう話す方もいたので、一部の人はその理由でしょう。

最近投資を始めたばかりの人に伝えたい1つの事。それは「数年先を考えることが大事」という事です。以前記事で書いたかもしれませんが、株価上昇の理由の1つにアフターコロナへの期待があるんです。

つまり、今の状態を考慮はしつつも、数年先の評価が今の株価に反映されているという事です。これを理解することで、投機ではなく投資を行うことが出来るんです。

投機とはギャンブルに近く、上がり下がりのみを予想し短期間で売買すること。これはリスクが高い行為であり、投資とは言えないんです。数年先の未来を考えることで、自然と投資ができるようになっちゃうんですね。

そうなると、毎日毎日定期的に株価を確認することなく、心に余裕を持つことが出来ますリスクというのは、パニックなどで自分が何をしているかわからない時に起こるとされます。これが最も怖く、落ち続ける株を買ってしまい、破産する人も。

冷静さを保つには、余裕が必須。ぜひ投資する際には、今の状態だけでなく数年先の事を考えて行いましょう。長期投資の方が勝率は安定するんです!


それから初心者の方にオススメな1冊をここで紹介。僕も読みましたが、本当に教科書のような本になっており、超基本的な考え方や投資のやり方が書かれています。難しい言葉も少なく、眠くなったりしませんw

投資の本には難しいものもあるので、こういうわかりやすい本は重宝されますね。アマゾンで見てみるとコメントが500以上で高評価、実際に投資する前に準備運動だと思って軽く基礎を学んでおくといいでしょう。これも自己投資ですよ♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です