株・投資

五輪裏の決算ラッシュ!アップルやグーグルなど巨大ハイテックに注目

ついに来ましたよ、アメリカの巨大ハイテック企業による決算ラッシュ。テスラから始まり、アップルやアルファベット、マイクロソフトにFacebookなどなど、素晴らしい企業の業績を見る時期になりました。

多くの投資家の見方は強気で、素晴らしい数字を期待していますね。つまり、多少の上昇では株価が下がる可能性があるという事です。特にマイクロソフト、これはここまでかなり上昇しているので、いったんの下げはあるかなという感じです。

とはいえ、どの企業も上昇を見せてますよね。広く見ればナスダックやダウも上昇を続けているので、多くの企業は好成績であるという事です。すでに終わった企業では、ペプシコやコカ・コーラ、素晴らしかったですね。

ワクチン効果で外出も増え、スポーツも復活し人が外へ出始めている。アップルの場合は5G対応の機種を販売し、数字にも不安はないはず。一方で心配なのは旅行関係でしょう。まだ回復しきれていない、ワクチン効果の有無、まだ厳しいと思います。

ここまでは比較的いい材料を紹介しましたが、唯一の不安点、気にすべきポイントですがFOMCですね。火曜水曜と行われるので、ここでの発表、発言は少なからず影響を与えるだろうと。

ただしこれに関しても、よほどの大きな発言がなければ影響は少ないと言えるでしょう。ここまで数回行われましたが、その度に株価への影響は減ってきており、市場が織り込み始めていると。些細な事では止まらない、強いアメリカの企業の成長を買われています

それに、この好調な状況でわざわざショックを与える発言はないだろうと、予想する人もいます。僕個人としては、影響を受けやすいのは為替と暗号資産かなと思っています。これらの動きは少し激しい傾向にありますからね。

もしあなたが、強い塀を持った企業を保有しているなら。そこまで慌てる段階ではないと思います。が、もし心配事があるのなら、資産を動かすのもアリかなと思います。VTIなどに移しておけば、大きな心配はかなり少なくなるでしょう。

8月9月が株価荒れると予想する人も多い。好調を続けることは難しいですし、テーパリングは必ず来るものですからね。その影響をどう受けるか、そういった事を考えるべき時期も近づいているかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です