株・投資

【2/23米国株】FOMC議事録公開!株価は小幅動きも買い材料は

2月22日のアメリカ市場を振り返りますが、ダウは0.26%の下げナスダックは0.13%の上げで取引を終了。この日はFOMC議事録の公開、前日に大きく株価が下げたことにより、結果としてはこの日大きな動きとはなりませんでした。

その発表の内容ですが、ザックリと言えば買い材料は少なかったです。0.25の利上げをするが、一部メンバーからは0.5の利上げを支持していたと。これだけでも、あまり株価にはプラスの材料はないですね。

その他では、インフレ抑制には時間が必要で、目標は引き続きインフレ率2%であると。その中で、ほぼすべてのメンバーが利上げペースの減速にメリットがあると判断しているとも書かれています。ただ、そこまで素直には受け取りずらい結果ですね。

インフレ高リスク、材料は複数あり警戒感はこれからもあるということ。さらなる利上げには全メンバーが同意しているという事。なので、やはり積極的に株を買いに行く局面ではない、という発表でしたね。

こうなると、まだまだ22年の相場に近い状況で、もしここから利上げ幅が拡大すれば、むしろ安心していた分、ショックが大きくなりそうな気もします。ただし、この日は原油価格が下げていて、これらの動きはインフレ動向を見るうえで重要でしょう。

天然ガスもかなり落ち着いており、この日は上げましたがそれでも低い水準。ここから重要視されるのは、雇用環境や給料、食料品価格などかなと思います。

木曜には失業者に関して、金曜日にはPCEの発表などがあるので注目されると思います。今週は重要な発表が多くあるので、株価を見ても忙しくなりそうですが、23年スタートからの回復はいったん休憩となりそうですね。

22年の厳しい相場を乗り越えた方には、まだ気持ち楽な状況かもしれませんが、いつ一変するかも分からないので、リスク管理の徹底、これをしっかりしていきましょう♪

【日本株/米株】投資検討したい52週高値付近のウォッチリスト銘柄この記事では、日々更新して投資を検討しているウォッチリスト銘柄を公開していきます。投資を実際にしたかどうかは、ツイッターで一番早く公開し...
2022/9投資初心者へ!株に興味持った人に今知ってほしい事2022年9月がもう少しで終わろうとしています。9月と言えば、1年を通して株式投資が難しい時期というのが常識です。アメリカの平均的な株価...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。