暮らし

英会話が苦手な人へ2つのコツ!考え方でかなり話せるようになる

人口が多い中国は置いておき、世界で多く使われている言葉と言えば。

そう、英語ですよね。

英語と中国語を話せれば、大半の人と話せると言います。

 

しかし国別でみると英語の方が多いとも言います。

日本でも、学校で習うのは英語ですよね。

受験でも必要になるし、企業によっては今や必須とも。

 

そんな英語ですが、皆さんは座学だけしか基本してないですよね。

例えば、最近ではどんどん増えているという外国人観光客。

そして新制度で変わる外国人研修。

 

英会話が必要となる場面は増えているはずです。

では、あなたは英会話は出来ますか?

英会話を本気で覚えたい人へのオススメ記事

 

日本人は、世界的に見ても話せない部類。

そんな英会話が苦手ない人へ2つのアドバイス。

僕も英語はペラペラではないですが、しっかり会話は出来ます。

それは、考え方で大きく変わることを知っているから。

 

これからその2つの事を見ていきます。

これを参考に、話せる人が増えればと思います♪

英会話が苦手な日本人が多いのは

コツの前に、何故苦手な人が多いのか。

これが、2つのコツに繋がっていきます。

 

まず、日本の学習環境が影響していると言います。

学生時代の英語学習を覚えていますか?

ノートを見れば、ひたすら単語を書いていなかったでしょうか。

 

また、凄い細かく文章を解析していなかったでしょうか。

文の組み立て方というやつですね。

受験合格を目指した教育ですから、間違ってはいないでしょう。

 

しかしそれがゆえに、英会話でも、完ぺきでなければならないと考えがちに。

例えば、有名かつ絶対に習うであろう、これはペンです。

日本語で考えても、こんなことあまり言いませんよね。

 

いうならば、持つか指をさしながら「ペン」と言います。

会話ですから、文章とは違い身振り手振りも使えます

そして、大事なのは相手に伝える事なんです。

 

僕自身、海外に数年いましたが、伝えようと思えば、伝えられました。

それは、英単語や文を多く知っていたわけでなく、伝え方を知っていたからです。

難しいことを考えられないなら、考えなければいい。

 

お店でフォークが欲しければ「フォーク、フォーク」とだけ言えば伝わりますw

これは友人の実体験ですw

会話ですから、難しい文法なんて忘れましょう。

 

日本人が英会話が苦手なのは、完ぺきに言おうとしすぎるため。

パズルをしているような感覚なんですね。

英会話を簡単に感じる2つのコツは

もうほとんど書いてしまいましたが、1つは難しく考えないこと

特に、日本での英語は文法にうるさく、単語も数多く覚えさせられます。

決してそれは無駄ではありません。

 

ただ、それを強く意識することで、パッと言葉が出せなくなる傾向にあります。

経験ありませんか?

突然電車で目的地を言われ、教えてくださいと聞かれたとき。

頭で言い方を考えすぎて、疲れてしまったり時間をかけすぎたり。

 

恐らく経験あるでしょう。

学校で習ったような、完ぺきな英語を伝えなきゃいけないって、勝手に思ってしまうんです。

実際はそんなことないんですよ。

 

日本語で考えてみれば、納得できるはず。

日本語検定なんて、日本人が受けても難しく感じるはずですよw

 

次に2つ目ですが、似ていますが発音ですね。

日本人にはどうにも、正しい発音をしようとすると弄られる傾向があります。

特に学生間では。

 

あれでは一生正しい発音は身につかないでしょう。

しかし問題はそれだけではない。

それを大人になるまで引っ張り、発音できないことをビビってしまう。

 

特に多いのが、thの口とか、lとrの違いとか。

でもね、正直言ってしまうと、こんなところ気にしなくていい

少なくても最初は。

 

どうにも、念入りに学習させられるために、これが絶対必要と感じる人が多い。

確かに、正しくできれば綺麗に聞こえるし、通じるし。

イイことは多いでしょう。

 

ですが、正しくなくても、文ではないので通じます。

相手も人ですからね。

少し聞こえにくくても、頭で考えて調整してくれます。

 

一番ダメなのはビビって会話しないこと

ミスを嫌う日本人が、特にその傾向が強いとも言われます。

完ぺきにこなす必要はないというのが、英会話上達への近道となります。

考え方を変えて英会話を

いかがでしたか。

この2つの事を知っているだけで、気が楽になってもらえればと思います。

特に発音に関しては、世界によって同じ英語ながらなまりがあります。

 

ごく一部の人しか、正しい発音を使えていないと言いますし、恥ずかしがる必要もない。

外国人が頑張って日本語を話していて、聞きにくくても、通じることありますよね。

それと同じです。

 

正しい文法も必要ない。

これは文ではなくて、会話なんです。

気を楽に、自分にできる範囲で伝えようとしてください。

 

それが会話です。

一番大事なのは伝えることなんですよ♪

 

最後に補足になりますが、参考には出川哲郎さんを見てみてください。

出川さんの英語は、でたらめながらも、伝えようとする勢いがありますよね。

あそこまでやれとは言いませんが、ああいった姿勢が大事です♪