スポーツ

【競馬】平成最後の桜花賞馬はグランアレグリア!衝撃のレコード勝利

競馬のG1レースである桜花賞。昨年はドバイを快勝したアーモンドアイが勝利しましたが、今年はさらに驚きの結果が。

 

アーモンドアイの記録を破り、桜花賞歴代最速タイムとなるレコードを樹立。鞍上には同じくルメール騎手だった、グランアレグリアに決まりました!

グランアレグリア衝撃の走りと今後

昨年の桜花賞とは、結構違う展開に終わりました。アーモンドアイの際は、後方待機から直線で一気の脚を見せての差し切り勝ちでしたが、グランアレグリアは先行して早め先頭。最終コーナーで先頭に立つという堂々たる競馬でした。

 

この馬は前走包まれた結果勝利できなかったこともあり、ルメール騎手がかなり考えて競馬した印象ですね。

 

桜花賞と言えばディープの子供というように、かなり走る傾向にはあるのですが見事に勝利。どこに出ても人気になる馬には、当然なるでしょうね。後はどれほど長く活躍できるのかでしょう。

 

そして気になる今後ですが、オークスになるかNHKマイルカップになるかは決まっていないとのこと。オークスは少し長いという意見も、恐らくあるでしょうね。

2019桜花賞の結果

では上位5頭の結果を紹介しておきましょう。

1着グランアレグリア

2着シゲルピンクダイヤ

3着クロノジェネシス

4着ダノンファンタジー

5着ビーチサンバ

 

これが上位5頭でした。

注目馬の多くが上位に来ていますし、それでいて突き放したゴールですからね。

グランアレグリアの強さが目立つ結果と言えるでしょう。

 

また、シゲルピンクダイヤは8枠のピンク帽子

まさにサイン馬券であったと言えるでしょう。

とはいえ、鞍上のさばきは見事だったと言えますね。

 

今回の結果ではオークスは分かりません。

しかし衝撃のレコードタイム勝利に、今後の活躍が期待できるでしょう