スポーツ

【競馬】19天皇賞秋は超豪華メンバー集結!府中で決まる最強馬は誰

今年の天皇賞秋がものすごいことになりそうだ。というのも、出走メンバーの豪華さにただ驚くばかり。世界を制し、人気を集めることが確定のアーモンドアイ。また、3歳大将としてサートゥルナーリアも出走。前走を勝ち、素晴らしい流れの中でのリベンジ府中となりそうです。

またその他にも、スワーヴリチャード・ダノンプレミアム・ワグネリアン・アルアインなどなど、本当に素晴らしい馬がそろいました。もしかすると有馬記念以上の可能性も、さすが東京の2000mといえるでしょう。

【海外競馬】オーストラリアでメールドグラース初G1制覇!連勝続く

こんなレベルの天皇賞も多くない、ぜひ当てたいと思う人もいると思いますが、ここでは少しばかり予想のヒントを紹介します。競馬はデータ、知っているかどうかで結果の変わる面白い戦いです。ぜひ参考にどうぞ。

上位人気は逆らいにくい

馬券を買う人が気にする点と言えば、やはりオッズでしょう。では、この天皇賞秋ではどのような馬が好走するか、気になるとは思いますが期待はしない方がいい。というのも、上位人気馬の活躍が多く、大波乱は少ないからです。

特に1番人気の活躍に関して、10年間のデータを見ても明らかに強く着外が少ないですね。馬券外はたったの2回、一方の勝利数が4回であるため基本買ってよし。さらにいえば、馬券内に来た回数が8回ですから、圧倒的な成績と言えるでしょう。この舞台で人気になる馬は強いと、思っていいでしょうね。

そして面白いのは、回収値ですがこれもいい数字。単勝も複勝も100を超えており、この10年間1番人気を勝っているだけで儲かっているというデータになります。これを素直に信じられるかが勝負と、競馬好きは言いますがねw

ではこのレース、夢がないのかと言われるとそうでもない。実は上位人気ではありますが、5番人気の馬もかなり好走しており、勝利数では1番人気と同じ4回を記録。勝つか負けるか、そういったデータでしたが、無視できないポイントとなりそうです。

ちなみに2番人気と7番人気、これらがそれぞれ1勝しており他の人気ではこの10年勝利がないのも気になる。3番人気や4番人気の勝利がないと考えると、思い切った考え方が必要なことがわかると思います。

競馬の予想詐欺に注意!貴重なお金を取られないために意識すべきこと

ディープインパクト産駒の勝利はたった1

キングカメハメハやディープインパクトは大種牡馬ですが、意外とこのレースではハッキリとした成績を残せていません。キングカメハメハが唯一2勝をしていますが、ディープインパクト産駒はかなり苦しそう。出走馬が多い中での1勝なので、根拠なき選択は危険と言えるでしょう。

例を出せば、あのジェンティルドンナでさえこのレースを勝ち切れなかった。ローテの影響もあったでしょうが、それでも気になるところ。今年も出走馬はいるため、この取捨がかなりカギになる。

配当が面白いのはサンデー系以外の馬ですが、今年は該当馬は多くないものの注目馬に該当することが多そうです。ロードカナロア産駒もそうですが、ハービンジャーも過去に1頭だけしかいないので未知数です。

こう考えると、いよいよ上位人気馬は逆らえなくなりますね。

19天皇賞秋で活躍が期待される1頭は!

このレースで絶対に注目したい馬、ここまでのデータと合わせて考えると、ある程度絞れると思います。個人的には、アーモンドアイもそうですがそれ以上に、10番サートゥルナーリアに期待したいと思います。

サンデー系ではない産駒で、崩れたダービーは辛い乗り替わりに出遅れというオプション付き。その中でもあれだけのレースを見せたことを考えると、能力はかなり高いと言えるでしょう。

さらに前走は快勝も快勝、ヴェロックス相手に楽勝で成長も感じる結果でした。血統面でも、先ほど説明したことに加え、母父スペシャルウィークはこの天皇賞秋の勝ち馬。これだけでも買えますし、母は偉大な競走馬、まったく素晴らしい血統だと改めて感じますね。

東京が合わないなんてこともなく、スタートさえよければすんなり勝てそうだ。3歳という事で斤量もアーモンドアイと同じ、勝負できそうなのはこの馬ですよね。

ルメール騎手がアーモンドアイを選んだのは仕方ない、それでも勝つのはコチラの方な気がしています。まずは先行すること、勝負はそこからでしょうね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です