株・投資

22/1/11アメリカ株市場の振り返り!パウエル議長発言も株価上

1月11日のアメリカマーケットを振り返ってみようかなと思います。当サイトは投資がメインになってきてますが、あまり更新頻度が高くないので。このように少しで簡単ではありますが、更新しやすいテーマで記事を書いていこうかなと思います。

さて、その最初が1月11日のマーケットになるわけですが、この日はパウエルFRB議長がお話をしますよと言う事で、ピリピリしていたと思います。が、想定外の動きはなく、心配から安堵に変わっての株価上昇を見せました

特にボコボコにされていたナスダック、この上昇が目立ちましたね。GAFAMは全て上昇、エヌビディア等半導体関連も上がり、セクター別に見ても広く買いがありました。マイナスは強いて言えばレストラン関係ですね、弱かったです。

パウエル発言後の動きですが、金利の上昇が無かったことが全てでしょう。銀行株に関しては大きなマイナスもプラスもなく、穏やか。ただし利上げは必ず来るので、見ておいて損はないかなと思います。

それからエネルギー関連株は、引き続き強かったですね。ツイートもしてますが、僕自身エクソンモービルとパイオニア持っているので、その上昇を実感しています。22年は各国が経済再開を始めますから、この辺りの価格は下がらないだろうと。

VYM含む高配当銘柄ですが、こちらも上昇はしました。ただし少し落ち着いたかなとも思います。昨日の場合はハイグロ上がったので、その影響もあるかもしれません。ただし1年を考えると、まだ高配当株、買われるかなと思います。エネルギーも高配当ですね。

12日に関しては、インフレがどうなっているか、CPIの発表があるので注目しましょう。日本時間で22:30ですね、忘れないように。大事なのは金利の動きなので、この発表を受け金利が上か下か、そこを見ておけば、株価の動きも予測できると思います期間。

ナスダックは上昇しましたが、まだまだ不安要素も多くあります。特にこの1年間は調整期間と思われるので、無難に、セーフティーに投資はしたいと思います。

株式投資で学べた大事な事2選!ミスの受け入れと手のひら返しの重要さ株式投資を行う前に、僕は成功している人と失敗している人たちの意見をたくさん見ました。するといくつかの共通点が見えてくるんですよね。特に失...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です