暮らし

コロナウイルスで露呈したデマの脅威!自分を守るためにも情報分析を

町のスーパーからトイレットペーパーが消えた。これは僕だけではなく、比較的全国レベルで発生した(今もしている)恐ろしい事態です。なぜ恐ろしいのか、売り場から無くなったからではなく、そうなってしまった理由にあります。

というのも、誤った情報が拡散された結果に起こった出来事というのが、このトイレットペーパー買い占め事件だからです。こんな事件名ではないんでしょうけどね。ほかにも、ティッシュやオムツも買い占められているらしい。

では一体どのような情報だったのか。これも合わせて、自分の身を守るためにできることを紹介したいと思います。出来る限り、情報を集めて分析し、理解することが大事だと思います。

トイレットペーパーはなぜ消えた?

つい最近の事ですと、マスクの売り切れが目立ちましたよね。今なお手に入りにくいし、これは事実として生産が厳しい状態にあったと思います。理由としては、国内生産以上に中国からの生産品を使っていたため、供給されなかったことが考えられます。

では、今回のトイレットペーパーやティッシュはなぜなのか。ツイッターなどで確認してみると、どうやらとあるデマ、または憶測による情報拡散が原因だったと思われます。その内容をわかりやすく説明すると。

「マスクとトイレットペーパーは原材料が同じで、生産が厳しくなるはず」や「トイレットペーパーも国内品は少ない」などという情報が出回ったようです。こうして、たった1日のうちに紙は売り場から消えたのです。

では、本当に買いだめする必要があったのか。事実は不正解と言わざるを得ないでしょう。

この2週間が勝負!?コロナウイルス対策で競馬やコンサートに影響

トイレットペーパーは慌てて買わなくていい理由

そもそも、トイレットペーパーとマスクの原材料は違います。これだけでも、先ほどの情報がデマだとわかるでしょう。それに加え、マスクと比べてもトイレットペーパーは国内生産が多く、供給には問題が起こりません。

これについては、すぐに公式な発表が出されました。さらには一部薬局店やスーパーでは、これらの情報がデマだという張り紙までされていたようです。

しかしそれでもなお、これらを求めて早朝から並ぶ人の多い事。コロナウイルスを警戒するなら、このような人の多い集まりには近づいてはいけないのですけどね。そういった冷静さすらなくなるほど、デマに操られてしまうのです。

簡単にでも自分で調べてみよう

ここで大事になるのが、情報の分析・自分で考えてみることです。とはいえ、自分の知識なんてそこまで広く深くないです。偉そうに書いてますが、僕だって医者ではないし、一流大学の出ではない。

それでも、一般人の僕たちでも出来る事。それは調べられることは調べてみる。そして、それらについて少し考えてみるという事。これだったら、誰にでも本来は出来ることなんです。

以前書いたかもしれませんが、今はネット含めSNSなど情報が本当に多く手に入る時代です。その中には、間違った情報も当然ありますし、最悪意図的にデマを流す人もいます。

もうすでに、そういった情報から自分を守る術が必要になっているというのが今の時代なんです。なので、自分で考えてみるという事は、1度冷静になってみるという事。情報に対して本当なのかと、何故なのかと思ってみる。

この時間は極めて大切になるでしょう。


増補版 「考える力」はこうしてつける [ ジェニ・ウィルソン ]

あおさ情報もありましたね

ツイッターを見ていたら「コロナ対策はあおさで」という記事がありました。これは大学による発表でしたし、信頼はある程度できるのかなと思って読んでみました。ただしこれも、書き手がそうさせたのかわかりませんが、微妙でしたね。

というのも、あおさが有効だと言われたのがコロナではなく他の病気であったことが書かれていました。一応マウスでの実験はあったようですが、人ではどうかがまだわからない。ミスリードなのではとも思いますが、効果が否定できるわけでもない。

ただタイトルを見ると、誤解するような書き方だったのは気になりましたね。やはりしっかり読んでみる、そして考えてみることで、より深い理解は出来るのではないかなと思います。

最近の人は文字を読まない、むしろ読めないとすら言われています。情報がたくさん出てくる中で、これは致命的と言えるでしょう。誰かに振り回される生活を少しでも変えたいと思うなら、自分で考えてみるクセは絶対に必要だと思いますよ。

お金持ちを妬むのは時間の無駄?自分の幸せのために1度憧れてみよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です