株・投資

10/14CPI後の日米株上昇!トレンド転換になりえるかどうか

10月13日の米国株と、14日の日経を振り返りつつ、今後について簡単に書いていきます。まず振り返りですが、ダウが2.83%の上昇、ナスダックは2.23%の上昇という事でめでたいですね。

大事な発表でしたインフレ指数ですが、パッと見は悪かったです。なので発表後に株価が下げた時は、まぁそうだろうなという感想でした。が、気になっていたのはVIXです。これがずっと下げてたんですよね。株は下げるけど、恐怖指数も下げていたと。

その後に株価は上昇しているので、なるほどこういう事かと。今回は前から書いている通り、VIXが指数発表までに上昇しており、ここ最近とは違う傾向でした。今月はFOMCもないので、ある程度先が読めれば株買いたい人が多いのかも。鬼の居ぬ間に投資という感じ。

ただしそれが上昇理由なら、そこまで続かないだろうと。結局は来月に下げる材料があるわけで、時期も短い。ミネルヴィニ氏の予想ですが、過去のデータを見る限りは下げ幅は残すところ限定的。それも下げたので、10月後半からは上昇するだろうと。今の感じだと可能性ありますね。

インフレ指数も数字は悪いですが、良いところを探せばピークはやはり過ぎたと。もう退治が見通せない状況ではなくなったので、投資できるんだと判断された可能性はありますね。

14日の日経は当然ですが上昇です。ファストリの上昇は大きすぎますね、かなりの影響があったのですから、強い上昇は納得です。アメリカの先物も上げているので、休み前ですが安心して買われたと。

VIXの話をすると、結局期待していた急激な上昇は見られず。これが後にどう影響するかは、実際に起こらなければ予想は難しい。ジワジワ下げるのか、もう株価はそこを行ったのか、どちらでしょうかね。

FOMCが少し先の話になり、重要な指数も無いとなれば相場は通常運転。ここでの通常となれば、当然決算ですよね。ドミノピザは決算後に上昇、久しぶりに良い動き見たなという印象ですね。日本の方が、決算後良い動きが多い印象あります。

ここからは金融関連の決算が続くので、これは見逃せない時期です。また、そこの数字を受けてどういった発表がCEOなどから出てくるのか、来年に向けての考えや見通しをしっかり聞く必要があり、不安が強まるとセクターだけでは済まない話になるかも。

先週の月曜や火曜同様に、トレンド転換を示唆する上昇とは考えにくいので、冷静に判断を。上昇に置いていかれる恐怖よりも、実際に出る損失にビビりながら投資しましょうw

【日本株/米株】投資検討したい52週高値付近のウォッチリスト銘柄この記事では、日々更新して投資を検討しているウォッチリスト銘柄を公開していきます。投資を実際にしたかどうかは、ツイッターで一番早く公開し...
2022/9投資初心者へ!株に興味持った人に今知ってほしい事2022年9月がもう少しで終わろうとしています。9月と言えば、1年を通して株式投資が難しい時期というのが常識です。アメリカの平均的な株価...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。