ビジネス

コロナウイルスも影響して株価急落!この先失敗しないための考え方

投資とは、改めて書きますがギャンブルではありません。というよりも、ギャンブルであってはいけないという表記の方が正しいかもしれません。違いの1つに、短期的なモノかどうかが挙げられますが、まさにコレ。

現在コロナウイルスも影響し、世界中で経済に変化が表れてきています。日本でも日経平均株価が下がり続けており、ついには18000円台にまでなっております。つい最近までは2万円は当然超えていたのに。

ただそこで注意したいのが、今回の急落には明確な理由が存在しているという点。大震災含め、こういった事態には必ず株価は下がるものです。中々先の見通しが出来ない現在ですが、それでも忘れてはいけない考え方があるので、今回は偉そうですが書いてみようと思います。

急落は企業の実力ではない!

今回の急落は、世界中で広く同様の現象が起こっており、コロナウイルスの影響という原因も分かっています。これはつまり、企業価値とは深いところでは関係していないという事。実はこれが大事なポイントなんですね。

これが、企業の根本で問題が起きている場合(例えば、主軸事業での利益低下など)は考える必要があるでしょう。ただリーマンショック等、その企業の本質的な価値が下がっているわけでないのなら、自信を持って行動していいでしょう。

そういう見方をすれば、もしかしたら今がお買い得なのではという考え方も出てくると思います。要は、現在が不必要な下がり方かどうか。これを見極めましょうという話です。

お金持ちを妬むのは時間の無駄?自分の幸せのために1度憧れてみよう

見極めのポイントの1つは過去の実績

過去の実績とは、その企業の歴史でもあり力そのものとも言えるでしょう。例えばマクドナルドですが、以前中国の工場で発覚した映像問題は多くの影響を与え業績低下に。当然株価も下がっていたわけですね。

しかし現在、その営業面でも順調であり、株価含め見事な復帰を果たしたと言えますよね。そう、つまりマクドナルドにはベースに高い能力があるという事です。主軸事業での問題でも立て直せたのですから、今回はなおさらでは。

確かに今、外食産業も厳しい場面ですが長い目で見ましょう。コロナ問題がいつまで続くのか、ワクチン等解決策はそう遠くないうちに開発されるのではないか。

投資は繰り返しですが長期の視点がキーになります。今だけの問題を見て考えるなら、それはギャンブルに近い、例え株式投資でもそうなってしまうのです。実は長期保有がリスクの少ない投資だと覚えましょう。

歴史と実績から長期で儲かる企業へ

まとめると以下の通りではないでしょうか。

・ある程度長い歴史のある企業を信頼

・その歴史から困難を切り抜けた実績に注目

・ギャンブルでなく投資という事で長期の視点

これら3つのポイントを説明いたしました。コロナウイルスで株価急落、ネットやテレビを見ても不安を感じるような単語をいくつも見たり聞いたりですからね。市場もその影響をかなり受けているようです。

ただし国単位で見ても、大地震などを経験してきているわけでこれで終わるようなことはないと思っています。それほど力のない国ではないと。

ですから冷静に判断していきたいですね。人によっては、今回の暴落とも言われる株価はチャンスであるとみていることも。ぜひ、企業の中身を見てみましょう。信頼できる会社を見つけることで、不況でも儲けることは十分可能になるはずです。

コロナウイルスで露呈したデマの脅威!自分を守るためにも情報分析を

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です